はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

あるべき論には反対しないが、数字で説明しないから腹落ちしなくなる[習慣化日次PDCA 2020/01/28]

継続日数
習慣化日次PDCA 753日目
1000日継続マラソン 792日目

この「習慣化日次PDCA」という取り組みは、

  • 東京オリンピック開幕日までの1000日間の毎日更新
  • PDCAサイクルによる日常的なスパイラル的成長

を目的に行っています。

▼先日の日次PDCAはこちら

今日はどんな日

データ・プライバシーの日で、逸話の日で、コピーライターの日なのだそう。

今日は、昨日の学びをもとに、「水溶性食物繊維」を選んで食事に取り入れました。

今週(1月第5週)の習慣化重点テーマ

  1. 退勤時刻19時・就寝時刻22時半遵守率アップによる、睡眠負債ゼロ生活維持
  2. スープジャー弁当と水を飲む習慣の習慣定着化
  3. 10行ブログ記事の更新スタートダッシュ

今週(1月第5週)の目標:Goal

今週の定量目標・定性目標は以下の通り。

アクションプラン
睡眠 22時半就寝・5時起床・6時間半睡眠+昼寝10分
食事 朝:もち麦雑穀米おにぎり、昼:スープジャー弁当、水を飲む:1日2リットル
ブログ 習慣化日次PDCA:毎日更新、10行ブログ:3記事
有酸素運動 平日通勤ウォーキング:無し、休日ランニング:無し
無酸素運動 自重トレ:3日、体幹トレ:3日、バーベルトレ:6日
体重 60kg台前半
体脂肪率 17%台後半
内臓脂肪レベル 8
読書 インプット:アウトプット=2:1、1日5~10分以上確保

今日の習慣プランニング:Plan

  • スープジャー生活を継続する
  • 水の入った水筒を常に携帯する
  • 運動習慣は、筋トレのみ行う
  • 朝からスタートダッシュで午前中に8割の仕事を終えて、午後は余裕を持って2割を完成させる
  • SNSを開く前に、本を開くか、ブログを書く
  • 19時までに退勤する

今日の実績と気づき:Do、Check

睡眠

【今週のアクションプラン】

22時半就寝・5時起床・6時間半睡眠+昼寝10分

前夜よりは短かったが、それでも深い眠りを2時間以上は確保することが出来た。

あとは、ベースとなる睡眠時間自体をあと30分くらいは伸ばしたいところ。

睡眠
就寝時刻 22時29分
起床時刻 4時55分
睡眠時間 6時間半
昼寝 0分
良質な睡眠 68%
深い眠り 2時間32分

《参考値》

  • 2019年1月の平均睡眠時間:7時間4分
Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計
Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計
開発元:Sleep Cycle AB
無料
posted withアプリーチ
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
開発元:Tantsissa
¥370
posted withアプリーチ

食事コントロール

【今週のアクションプラン】

朝:もち麦雑穀米おにぎり、昼:スープジャー弁当、水を飲む:1日2リットル

1日1食生活は一旦保留として、スープジャー生活を継続。

今日も、冷凍野菜、ぶなしめじ、ウインナー、大麦にコンソメキューブで。

水を飲む習慣は、常に水筒を携帯することで継続。

Streaks
Streaks
開発元:Crunchy Bagel
¥610
posted withアプリーチ

前日のアクティビティ

ムーブとエクササイズのリングは閉じなかったが、有酸素運動が行えてないなかではある程度進捗した。

ランニング/ウォーキング

【今週のアクションプラン】

平日通勤ウォーキング:無し、休日ランニング:無し

まだ咳が治まらないので、今週も原則有酸素運動は行わない。

累計 走行距離 出走日数 ウォーキング日数
今日 0km 0日
今週 0km 0日 0日
今月 0km 0日 0日
今年 0km 0日

《参考値》

  • 2019年1月の走行距離/122km
  • 2019年1月の出走日数/19日
  • 2019年の走行距離/398km
  • 2019年の出走日数/64日
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
無料
posted with アプリーチ

筋トレ

【今週のアクションプラン】

自重トレ:3日、体幹トレ:3日、バーベルトレ:6日

週前半は、自重トレを6分間メニューで行っている。

合わせて、バーベルトレを実施。

自重トレ累計 体幹トレ累計 バーベルトレ累計
今週 2日 0日 2日
今月 10日 9日 19日
Streaks Workout
Streaks Workout
開発元:Crunchy Bagel
¥480
posted with アプリーチ

体重・体脂肪率

【今週の目標】

体重:60kg台前半、体脂肪率:17%台後半、内臓脂肪レベル:8

体重減、体脂肪率減、筋肉量増。内臓脂肪レベルは8を維持。

安定状態をキープ。

《参考》

  • 2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%
  • 2017年最低体重:67.0kg(11月、12月)
  • 2017年最低体脂肪率:19.8%(9月、11月)
  • 2018年最低体重:60.4kg(8月)
  • 2018年最低体脂肪率:14.2%(8月)
  • 2019年最低体重:58.9kg(12月)
  • 2019年最低体脂肪率:17.1%(12月)
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
開発元:Takayoshi Kurachi
無料
posted with アプリーチ
1byone Health
1byone Health
開発元:1BYONE PRODUCTS INC
無料
posted withアプリーチ

読書時間

【今週のアクションプラン】

インプット:アウトプット=2:1、1日5~10分以上確保

朝のバス通勤と始業前の時間を読書タイムとした。

1月4冊目を読了。

累計
インプット時間(今週) 50分
アウトプット時間(今週) 40分
読了(1月) 3冊

▼いま読んでいる本

▼今月読み終わった本

ブログ更新

【今週のアクションプラン】

習慣化日次PDCA:毎日更新、10行ブログ:3記事

今日は、この習慣化日次PDCA記事の1記事のみ更新。

合計 習慣化日次PDCA その他
今週 3記事 2記事 1記事
1月 41記事 28記事 13記事

次への改善策・伸長案:Action

  • 仕事はロケットダッシュでスタートし、後半は流して定刻は翌日の準備で締めくくる
  • スープジャー弁当生活を継続する
  • 就寝前の養命酒を継続する

あとがき:あるべき論には反対しないが、数字で説明しないから腹落ちしなくなる

今日は、社内のある事業の業務プロセス改善の説明会がありました。

問題→要因→課題→施策の順で説明があり、その内容自体に反対はしません。

ただ、すべて定性で説明されただけなので平たく言えば、「○○で業務効率アップ」「△△で質の向上」と言っているだけのこと。

どんな業務プロセスであれ量と質を向上させるのは当然なので、例えば、業務効率アップであれば現状工数○○のところをこの手段に変えることで工数△△以内に収まるから□□%の効率アップになる、その理由はプロセスのこれとこれを自動化することによるもので・・・と、ロジカルかつ数字で説明して欲しいところ。

数字がなければ、正論を正論として言っているだけであり、納得性に欠けるのです。

数字で表せば納得性は高まり、実行段階においてもその理論値の成果を出せているのか届いていないのかモニタリングが可能となります。

モニタリングが可能であって初めてPDCAが回せて、PDCAを数字で回せるから実効性が高まります。

逆に、数字で表していなければ実効性が高くなるとは言えず、それは失敗に終わる可能性が高くなるということになります。

「数字で説明して」と求めると、「そんな難しい話じゃない」という人もいますが、数字で説明しないから難しくなるのです。

数字を交えようと思えばシンプルになり、シンプルなものは実行しやすくなります。

数字の説明を省略することは説明する人がラクをしているだけで、それを受けて実行する人の負担を増やすだけになりがち。

数字を使うのは、説明を受ける人のためであり、結果的にはそれが説明する側のためになります。

「習慣化日次PDCA」についての補足(初めて読む方へ)

記事の構成とフローとしては、

  1. 週初めに立てた習慣化重点テーマを確認
  2. 週初めに立てた目標(Goal)を確認
  3. Goalを念頭に、今日のプラン(Plan)を朝一で宣言
  4. Planを前提に1日を過ごしながら実績(Do)と気づき(Check)を記録
  5. 1日の終わりにCheckをベースとして、次への改善策・伸長策(Action)をまとめ
  6. Actionを翌日のPlanに反映

を基本としています。