はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

1回の中断が10秒であっても、20分のロスとなる[習慣化日次PDCA 2020/03/25]

継続日数
習慣化日次PDCA 810日目
1000日継続マラソン 849日目

この「習慣化日次PDCA」という取り組みは、

  • (元々の)東京オリンピック開幕日までの1000日間の毎日更新
  • PDCAサイクルによる日常的なスパイラル的成長

を目的に行っています。

▼先日の日次PDCAはこちら

今日はどんな日

拘留中または行方不明のスタッフと連帯する国際デー(International Day of Solidarity with Detained and Missing Staff Members)で、奴隷および大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デー(International Day of Remembrance of the Victims of Slavery and the Transatlantic Slave Trade)なのだそう。

今日は、オリンピック・パラリンピックの1年延期発表があり、開幕日に合わせていたこの連載記事のゴールを変更しようかどうしようか迷っています。

今週(3月第5週)の習慣化重点テーマ

  1. 帰宅時から就寝時刻までの刺激を減らし、入浴から就寝までの1日の最後の時間でストレス緩和を図る
  2. 一方で、22時半就寝を努力目標に設定する
  3. 朝の時間帯の使い方に日によってテーマを設けることで、ブログ・勉強・仕事・休憩のバランスを取る

今週(3月第5週)の目標:Goal

今週の定量目標・定性目標は以下の通り。

アクションプラン
睡眠 22時半~23時就寝・5時起床・6時間睡眠+瞑想10分
食事 朝:もち麦雑穀米おにぎり、昼:スープジャー弁当、水を飲む:1日2リットル
ブログ 習慣化日次PDCA:毎日更新、10行ブログ:2記事
有酸素運動 平日通勤ウォーキング:無し、休日ランニング:無し
無酸素運動 自重トレ:3日、体幹トレ:3日、バーベルトレ:6日
体重 59kg台前半
体脂肪率 17%台後半
内臓脂肪レベル 8
読書 インプット:アウトプット=2:1、1日5~10分以上確保

今日の習慣プランニング:Plan

  • 1時間に1回程度の頻度でうがい
  • スープジャー弁当を継続
  • 水を、午前中に1日の目標量の半分を飲むまでは、ほかの飲み物を口にしない
  • 運動習慣は、朝の筋トレのみ行う
  • SNSを開く前に、本を開くか、ブログを書く
  • 15時に瞑想10分で、脳を休ませる
  • 入浴後から寝るまでの間に、ストレッチで背筋をほぐす

今日の実績と気づき:Do、Check

睡眠

【今週のアクションプラン】

22時半~23時就寝・5時起床・6時間睡眠+瞑想10分

就寝時刻がずれ込んで睡眠時間をショートさせてしまったが、深い眠りの長さは十分に取れた。

前の晩と同様に、睡眠アプリからホワイトノイズを流して寝たのが功を奏したようだ。

睡眠
就寝時刻 23時24分
起床時刻 4時51分
睡眠時間 5時間半
瞑想 10分
良質な睡眠 67%
深い眠り 2時間47分

《参考値》

  • 2019年3月の平均睡眠時間:6時間56分
Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計
Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計
開発元:Sleep Cycle AB
無料
posted withアプリーチ
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
開発元:Tantsissa
¥370
posted withアプリーチ

食事コントロール

【今週のアクションプラン】

朝:もち麦雑穀米おにぎり、昼:スープジャー弁当、水を飲む:1日2リットル

スープジャー弁当づくりを継続。

水を飲む習慣も、コンスタントに実施。

Streaks
Streaks
開発元:Crunchy Bagel
¥610
posted withアプリーチ

前日のアクティビティ

行動範囲は月曜日と変わらないつもりだが、エクササイズが大きくショートしていた。

ランニング/ウォーキング

【今週のアクションプラン】

平日通勤ウォーキング:無し、休日ランニング:無し

咳がなかなか治まらないので、通勤ウォーキングは無し。

累計 走行距離 出走日数 ウォーキング日数
今日 0km 0日
今週 0km 0日 0日
今月 0km 0日 0日
今年 0km 0日

《参考値》

  • 2019年3月の走行距離/101km
  • 2019年3月の出走日数/18日
  • 2019年の走行距離/398km
  • 2019年の出走日数/64日
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
無料
posted with アプリーチ

筋トレ

【今週のアクションプラン】

自重トレ:3日、体幹トレ:3日、バーベルトレ:6日

週前半は、自重トレとして6分間メニューで行った。

合わせて、バーベルトレを実施。

自重トレ累計 体幹トレ累計 バーベルトレ累計
今週 3日 0日 3日
今月 12日 9日 21日
Streaks Workout
Streaks Workout
開発元:Crunchy Bagel
¥480
posted with アプリーチ

体重・体脂肪率

【今週の目標】

体重:59kg台前半、体脂肪率:17%台後半、内臓脂肪レベル:8

体重減、体脂肪率減、筋肉量変わらず。内臓脂肪レベルは8を維持。

引き続き、安定状態を維持。

《参考》

  • 2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%
  • 2017年最低体重:67.0kg(11月、12月)
  • 2017年最低体脂肪率:19.8%(9月、11月)
  • 2018年最低体重:60.4kg(8月)
  • 2018年最低体脂肪率:14.2%(8月)
  • 2019年最低体重:58.9kg(12月)
  • 2019年最低体脂肪率:17.1%(12月)
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
開発元:Takayoshi Kurachi
無料
posted with アプリーチ
1byone Health
1byone Health
開発元:1BYONE PRODUCTS INC
無料
posted withアプリーチ

読書時間

【今週のアクションプラン】

インプット:アウトプット=2:1、1日5~10分以上確保

朝のバス通勤を読書タイムに。

累計
インプット時間(今週) 10分
アウトプット時間(今週) 25分
読了(3月) 1冊

▼いま読んでいる本

▼今月読み終わった本

ブログ更新

【今週のアクションプラン】

習慣化日次PDCA:毎日更新、10行ブログ:2記事

今日は、この習慣化日次PDCA記事の1記事のみ更新。

10行ブログ記事に着手出来ない日が続いている。

合計 習慣化日次PDCA その他
今週 4記事 3記事 1記事
3月 33記事 25記事 8記事

次への改善策・伸長案:Action

  • まずは、朝の15分だけ、ブログ用にブロックする

あとがき:1回の中断が10秒であっても、20分のロスとなる

話しかけられたりメールに気を取られたりして作業を中断すると、集中力を取り戻してフローに入るまで最低20分かかるのだそうです。

中断時間がほんの数秒であっても、フロー状態を取り戻すにはやはり20分はかかる。

とすると、1時間は60分ですから、その間に3回メールを読んだりおしゃべりしたりすれば、その1時間は一度もフロー状態に入れないことになります。

1日の勤務時間が8時間であれば、合計24回同じようなことがあれば、出勤していたとしてもその日はなかったことになります。

内容が雑談ではなくちょっとした打合せだとしても、内容によってフロー状態に戻れる時間が短くなるわけではありません。

だからこそ、話しかける側は「ちょっとのつもり」の相手への影響を心して行わなければ行けないのです。

「いや、ちょくちょく話しかけられるけどそんな影響ないよ」という人もいるかもしれません。

それは本人が自覚していないだけで影響を受けていますし、もし本当に影響が無いということであれば、集中力もフロー状態もいらないただの手先の作業をしているだけのこと。

その仕事は、実はやらなくても何の影響も無いかもしれません。

伝統技術などの職人に、仕事の時間を深夜・早朝を選ぶ人が多いのは、一切邪魔が入らない時間を選ぶ必要があることも理由の1つとなっています。

会議や打合せをゼロにすることは出来ないので、時間をまとめてスケジュールを組めば、ロスを少なくすることが出来ます。

「ちょっといいですか」の常連には、先に用件をメールで送ってもらうか、短い時間で済む用件だろうと時間を決めて打合せ依頼を送ってもらうよう要請します。これだけでも、そもそも不要な用件が減ります。

自分の意思で中断するのはむしろリフレッシュ効果がありますが、他人に無遠慮に中断されることは防ぐことが欠かせません。

「習慣化日次PDCA」についての補足(初めて読む方へ)

記事の構成とフローとしては、

  1. 週初めに立てた習慣化重点テーマを確認
  2. 週初めに立てた目標(Goal)を確認
  3. Goalを念頭に、今日のプラン(Plan)を朝一で宣言
  4. Planを前提に1日を過ごしながら実績(Do)と気づき(Check)を記録
  5. 1日の終わりにCheckをベースとして、次への改善策・伸長策(Action)をまとめ
  6. Actionを翌日のPlanに反映

を基本としています。