はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

「ファイナンス思考」と「デザイン思考」を学んでみて食わず嫌いだったと気づいた1ヶ月[読書習慣:2月月次レビュー&3月NEXTアクション]

前月の実行状況/達成状況を「レビュー形式」で振り返り、今月のアクションプラン及び目標を「NEXTアクション」として設定する試みです。

今回は読書習慣について2月実績の月次レビューを行い、今月3月のNEXTアクションを設定していきます。

前回レビュー時に策定した、2月のNEXTアクションをあらためて確認

  • 習慣化日次PDCAと週次レビューで、インプットとアウトプットのバランスの定量的な振り返りを継続し、2:1を目安にコントロールする
  • インプット→アウトプット①(OneNoteへのメモまとめ)→アウトプット②(実業務への応用と勉強会の開催)→②を踏まえた次のインプット、の経験学習サイクルを週次・月次でまわす
  • 併読により、待ちの状態になっている読みたい本に、まずは手を付けている状態にする

2月の実績振り返りと、気づいたこと

実績を確認

インプット時間/アウトプット時間

読了した本

書いたブックレビュー

無し

Keep(上手く行ったこと・続けること)

  • 習慣化日次PDCAと週次レビューで、インプットとアウトプットのバランスの定量的な振り返りを行えた
  • インプット時間は7.8時間(先月:12.3時間)、アウトプット時間は3.8時間(先月:8.8時間)で時間数は減少したが、時間配分は目標の2:1に対して実績2:1と、おおよそコントロールすることができた
  • 日数では、インプットが29日中26日(先月:31日中29日)で、アウトプットは29日中26日(先月:31日中27日)と、習慣として継続できていると言える状態にキープできてている
  • ブログ記事としてのブックレビューは書けていないが、担当する仕事への応用的なアウトプットにつなげることができている

Problem(起こっている問題)

  • 日々の習慣の継続としては問題ないが、1日あたりの時間数が短くなったことで、次に読みたい本が積み上がって渋滞を起こしている
  • ブックレビュー記事作成には2月も着手できなかった(昨年7月以降停滞)

Try(今後試してみたいこと)

  • 1冊読み終わってから次の1冊を、しばらく併読スタイルに切り替えてみる
  • アウトプット手段としての社内勉強会を継続的に定期開催する

KPTから考える3月のNEXTアクション

  • 習慣化日次PDCAと週次レビューで、インプットとアウトプットのバランスの定量的な振り返りを継続し、2:1を目安にコントロールする
  • インプット→アウトプット①(OneNoteへのメモまとめ)→アウトプット②(実業務への応用と勉強会の開催)→②を踏まえた次のインプット、の経験学習サイクルを週次・月次でまわす
  • 併読により、待ちの状態になっている読みたい本に、まずは手を付けている状態にする

まとめ

2月の読書習慣月次レビューを行ってみました。

『シンプルで合理的な意思決定をするために「ファインナンス」から考える!超入門』は、金融の話だと思っていたファイナンスについて、思考法として捉えれば「機会損失をいかに見出して、戦略に組み込むか」という実に身近なものだと気づくことが出来ました。

『実践スタンフォード式デザイン思考』は、「共感」を構造的にとらえ、「プロトタイプ」と「フィールドテスト」により実感を確かめるという感情に焦点を当てながらも論理的である点が、ロジカルシンキングと組み合わせると面白そうだなと思いました。

『やりたいことを全部やれる人の仕事術』は、1月に読んだ『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』『すべての仕事は10分で終わる』と同様に、単なる作業時間短縮ではなく本質的なことに高速で取り組むための考え方・行動習慣の身につけ方を学ぶことが出来ました。

ファイナンス思考とデザイン思考はその名称だけの勝手なイメージで食わず嫌いでしたが、学んでみれば実は自分に必要で馴染むものでした。

「考え方」の引き出しを増やしつつ、経験学習のサイクルをどんどん回していこうと思います。