はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

「週休3日制」もいいけど、日数の多い少ないより働く曜日を選びたい[習慣化日次PDCA 2019/12/14]

継続日数
習慣化日次PDCA 708日目
1000日継続マラソン 747日目

この「習慣化日次PDCA」という取り組みは、

  • 東京オリンピック開幕日までの1000日間の毎日更新
  • PDCAサイクルによる日常的なスパイラル的成長

を目的に行っています。

▼先日の日次PDCAはこちら

今日はどんな日

南極の日で、忠臣蔵討ち入りの日なのだそう。

今日は、休日出勤日として、ここまでの仮説検証をベースに「空雨傘」のフレームワークで整理し直し、論理展開の漏れや歪み、不足している検証が無いか確認を行いました。

今週(12月第2週)の習慣化重点テーマ

  1. 帰宅時刻21時半・就寝時刻23時半厳守による、必要以上の睡眠負債の増加抑制
  2. 通勤ウォーキングと、自重トレ・体幹トレを中心に運動習慣をキープ
  3. 聖域である朝の時間帯の、読書とブログ更新の時間配分の最適化

今週(12月第2週)の目標:Goal

今週の定量目標・定性目標は以下の通り。

アクションプラン
睡眠 23時半就寝・5時起床・5時間半睡眠
食事 1日1食(0.5食を2回)
ブログ 習慣化日次PDCAを毎日更新、10行ブログ4記事更新
ランニング 平日通勤ウォーキング3日、休日ランニングは無し
無酸素運動 自重トレ3日、体幹トレ3日、バーベルトレ6日
体重 60kg台前半
体脂肪率 18%台前半
内臓脂肪レベル 8
読書 インプット:アウトプット=2:1、朝の始業前に読書メモまとめ

今日の習慣プランニング:Plan

  • 1日1食生活はお休み
  • 朝の筋トレと就寝前のストレッチを行う
  • 思いついた用事は、大小に関わらずTodoistに登録する
  • ‪SNSを見る前にブログの下書きをする
  • ‪寝る前に今日のActionを翌日のPlanへ反映‬
  • ‪23時半までに就寝する‬

今日の実績と気づき:Do、Check

睡眠

【今週のアクションプラン】

23時半就寝・5時起床・5時間半睡眠

久々に、寝汗で夜中に途中覚醒。部屋が暑かったわけでもないのに。

その一方で、深い眠りは目安の2時間を超え、ちぐはぐな睡眠となった。

睡眠
就寝時刻 0時2分
起床時刻 5時17分
睡眠時間 5時間
良質な睡眠 48%
深い眠り 2時間15分

《参考値》

  • 2018年12月の平均睡眠時間:7時間9分
Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計
Sleep Cycle: スマートアラーム目覚まし時計
開発元:Sleep Cycle AB
無料
posted withアプリーチ
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します
開発元:Tantsissa
¥370
posted withアプリーチ

食事コントロール

【今週のアクションプラン】

1日1食(0.5食を2回)

休日なので、1日1食生活はお休み。

とは言え、あまり量は入らなくなっているので、結果的には2食分に届くかどうかというところ。

日課や習慣をサクサク記録!- Habit Keeper
日課や習慣をサクサク記録!- Habit Keeper
開発元:KinkumaDesign
¥240
posted withアプリーチ

前日のアクティビティ

朝の通勤ウォーキングをベースに、その他にもちょこちょこ動いていたようで、リングが3つとも完成した。

ランニング/ウォーキング

【今週のアクションプラン】

平日通勤ウォーキング3日、休日ランニングは無し

休日出勤はしたが、今週の目標は達成しているので、通勤ウォーキングは休みとした。

累計 走行距離 出走日数 ウォーキング日数
今日 0km 0日
今週 0km 0日 3日
今月 0km 0日 6日
今年 398km 64日

《参考値》

  • 2018年12月の走行距離/96.5km
  • 2018年12月の出走日数/18日
  • 2018年の走行距離/851km
  • 2018年の出走日数/217日
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
無料
posted with アプリーチ

筋トレ

【今週のアクションプラン】

自重トレ3日、体幹トレ3日、バーベルトレ6日

週後半は、体幹トレとしてプランクシェイク30秒3セットを行った。

合わせて、バーベルトレを実施。

自重トレ累計 体幹トレ累計 バーベルトレ累計
今週 3日 3日 6日
今月 6日 6日 12日
Streaks Workout
Streaks Workout
開発元:Crunchy Bagel
¥480
posted with アプリーチ

体重・体脂肪率

【今週の目標】

体重:60kg台前半、体脂肪率:18%台前半、内臓脂肪レベル:8

体重減、体脂肪率減、筋肉量変わらず。内臓脂肪レベルは8を維持。

おおよそ目標範囲内を推移。

《参考》

  • 2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%
  • 2017年最低体重:67.0kg(11月、12月)
  • 2017年最低体脂肪率:19.8%(9月、11月)
  • 2018年最低体重:60.4kg(8月)
  • 2018年最低体脂肪率:14.2%(8月)
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
開発元:Takayoshi Kurachi
無料
posted with アプリーチ
1byone Health
1byone Health
開発元:1BYONE PRODUCTS INC
無料
posted withアプリーチ

読書時間

【今週のアクションプラン】

インプット:アウトプット=2:1、朝の始業前に読書メモまとめを実施

人がいなくて仕事がはかどる休日出勤は、否が応でも集中力が高まるので、より集中してしまう読書はパスした。

累計
インプット時間(今週) 25分
アウトプット時間(今週) 10分
読了(12月) 1冊

▼いま読んでいる本

▼今月読み終わった本

ブログ更新

【今週のアクションプラン】

習慣化日次PDCA:毎日更新、10行ブログ:4記事

今日は、この習慣化日次PDCA記事の1記事のみ更新。

合計 習慣化日次PDCA その他
今週 8記事 6記事 2記事
12月 20記事 14記事 6記事

1年前(2018/12/14)に更新したブログ記事の振り返り

当時の背景

だいたい月イチペースで、買ってよかったモノまとめ記事を書いていました。

そこから気づくこと

毎月まとめておくことで、年末あるいは年始に1年間のまとめ記事を書くことが出来ます。

ただ今年は数回しか月のまとめを書いておらず、そもそもあまりモノを買っていません。

一方で、奮発して買ったAppleWatchとAirPodsProで満足仕切っていきるので、多分年間のまとめ記事は書かないと思います。

次への改善策・伸長案:Action

  • 仕組みの自動化・半自動化の発見と改善活動を日課とするため、デイリータスクに組み込む
  • 頭で分かっていても実際出来ていないことは、Todoistに追加してタスクとして見えるかたちで管理する
  • まとまった読書時間を取れないにしても、ゼロにはならないように1ページだけでも開く習慣をつける

あとがき:「週休3日制」もいいけど、日数の多い少ないより働く曜日を選びたい

先日、こんな記事を見かけました。

休日を増やすことで労働時間あたりの「密度」を上げて、生産性を上げる取り組みです。

ポイントは休みの日が多いことではなく、「生産性を上げる」を目的に「密度」をKPIに手段として休日を増やしたということ。

なので、密度を上げずに休日だけ増やすことを望む社員の多い文化の企業では、かたちだけ取り入れても本末転倒になることは明らかです。

今日のように丸1日休日出勤をしていながら何ですが、密度を上げることを重視する点はなんら異論はなく、むしろそうしたい。

ただし、密度を上げるのであれば、手段は休日を増やして労働日を減らすことだけには限らないでしょう。

例えば、リモートワークなどの「場所」を選ぶことで密度を上げる方法。

これは、すでに実践している人や企業も多くなってきたので、合う合わないは別にして密度を上げるエビデンスはあると言えます。

もう1つは、働く日として曜日を選ぶ方法。

休日出勤するのは何も仕事量が繁忙期で多いからだけではなく、会社に人がいなくて静かな休日のほうが明らかに生産性が高いから。

人というノイズが無いだけで、時間あたりの密度がグンと跳ね上がるパフォーマンスを発揮することができます。

どうしても組織になると生産性をまるで考えない人が一定数いるので、無駄に騒がしい平日に生産性を上げるのは限界があります。

できることなら、平日の2日を休みにして、土日祝日をフルに仕事の日にしたいくらいです。

曜日の選択が制度になれば休日も今よりは人が増えるでしょうが、さほど影響するほど変化は無いと考えています。

「場所」も「曜日」も、できることなら一緒に働くメンバーも選べればいいんですけどね。

「習慣化日次PDCA」についての補足(初めて読む方へ)

記事の構成とフローとしては、

  1. 週初めに立てた習慣化重点テーマを確認
  2. 週初めに立てた目標(Goal)を確認
  3. Goalを念頭に、今日のプラン(Plan)を朝一で宣言
  4. Planを前提に1日を過ごしながら実績(Do)と気づき(Check)を記録
  5. 1日の終わりにCheckをベースとして、次への改善策・伸長策(Action)をまとめ
  6. Actionを翌日のPlanに反映

を基本としています。