はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

データ分析にフォーカスした経験学習サイクルを回した1ヶ月[読書習慣:11月月次レビュー&12月NEXTアクション]

前月の実行状況/達成状況を「レビュー形式」で振り返り、今月の目標及びアクションプランを「NEXTアクション」として設定する試みです。

今回は読書習慣について11月実績の月次レビューを行い、今月12月のNEXTアクションを設定していきます。

前回レビュー時に策定した、11月のNEXTアクションをあらためて確認

  • 習慣化日次PDCAと週次レビューで、インプットとアウトプットのバランスの定量的な振り返りを継続し、1.5:1を目安にコントロールする
  • また、定性的には、OneNoteへのメモまとめをその日行えたかチェックする
  • インプット→アウトプット①(OneNoteへのメモまとめ)→アウトプット②(実業務への応用)→②を踏まえた次のインプット、の経験学習サイクルを週次・月次でまわす

11月の実績振り返りと、気づいたこと

実績を確認

インプット時間/アウトプット時間

読了した本

書いたブックレビュー

無し

Keep(上手く行ったこと・続けること)

  • 習慣化日次PDCAと週次レビューで、インプットとアウトプットのバランスの定量的な振り返りを行えた
  • また、定性的には、OneNoteへのメモまとめをその日行えたかチェックできた
  • インプット時間は8.7時間(先月:9.7時間)、アウトプット時間は8.4時間(先月:6.7時間)で、目標の1.5:1に対して1:1とおおよそコントロールすることができた
  • インプットとしての読書は30日中20日(先月:31日中24日)と、日数は減ったが1日当たりの平均時間は先月を上回っている
  • 読書メモとしてのアウトプットも、30日中20日(先月:31日中22日)と、日数は減ったが1日当たりの平均時間は先月を上回っている
  • ブログ記事としてのブックレビューは書けていないが、担当する仕事への応用的なアウトプットにつなげることで、かける時間及び比率を上記の通り伸ばすことができた

Problem(起こっている問題)

  • ブックレビューには1記事も着手できなかった
  • 結果、7月以降に読んだ本のブックレビューが溜まった状態となっている

Try(今後試してみたいこと)

  • ブックレビューを書く筋力が弱まっているので、まずはその元となるOneNoteへのメモまとめを継続する
  • そのうえで、ブックレビュー記事をまずは1本アップする
  • ブックレビューより優先するアウトプット手段として、読んで理解したことを活用する場面を想定して、社内で勉強会を行う

KPTから考える12月のNEXTアクション

  • 習慣化日次PDCAと週次レビューで、インプットとアウトプットのバランスの定量的な振り返りを継続し、1.5:1を目安にコントロールする
  • また、定性的には、OneNoteへのメモまとめをその日行えたかチェックする
  • インプット→アウトプット①(OneNoteへのメモまとめ)→アウトプット②(実業務への応用と勉強会の開催)→②を踏まえた次のインプット、の経験学習サイクルを週次・月次でまわす

まとめ

11月の読書習慣月次レビューを行ってみました。

データ分析に関する本やネット記事を読み漁る中で、原則論を重視する考え方の私にとって、一番しっくりきたのが上記の柏木吉基さんが書かれた本。

10月に出たばかりの新刊もあり、3冊続けて読みました。

「ピン」と来た方の本を続けて読むことで、テクニカルなことだけではない、そもそもの考え方としての「型」が自分の中にインストールされてきます。

あとは実業務への応用や勉強会で他人に分かるように伝える、あるいはブックレビュー記事を書くことをアウトプット先とすることで、インストールされた型を実際に扱えるようになってきます。

経験学習のサイクルを、どんどん回していこうと思います。