はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

AppleWatchを買ったら、アプリと通知をとにかく「削る」

AppleWatchを初めて購入したら、最初に行う2つのことがあります。

それは、AppleWatchにインストールされる「アプリ」を削るということと、表示される「通知」を削るということの2つ。

AppleWatchにインストールされる「アプリ」を削る

アプリは、連携するiPhoneに入っているアプリのうち、AppleWatch対応のものが自動でインストールされます(手動に変更することも可)。

ただし、「AppleWatch対応」ということと「AppleWatchで使う意味がある」は、まったく別のこと。

AppleWatchの価値は能動的に使うことに意義のあるiPhoneとは反対に、「さりげなく知らせてくれる」「気づけばそうしてくれている」「むしろ何もしなくていい」というところにあります。

そういう意味で、KeynoteやPowerPoint、OneNote、Evernoteなどの広い画面で操作して、つくることが役割であるアプリは、AppleWatchからは削除しています。

AppleWatchに表示される「通知」を削る

アプリの吟味以上に削る必要があるのが、「通知」。

これも、iPhone側で許可されているアプリの通知が、AppleWatchにも表示されるのが初期設定になっています。

ところが、これをそのままにしておくと、想像以上に通知がうざったく感じられることに。

iPhoneでは表示されるだけだったとしても、AppleWatchでは直接手首に振動を伝えてきます。

違いはこの1点だけですが、これが大きな違いを生むことに。

運用しながら絞っていってもいいのですが、実際のところ、AppleWatchに表示されて本当に意味がある通知はごく一部。

それ以外の大多数はノイズにしかなりません。

そういう意味では、AppleWatchを使って初めて、iPhoneにいかに意味のない通知を出していたか気付かされます。

ほとんどのiPhoneアプリで「通知を許可しない」にしていた私でもそう感じるくらいです。

iPhoneで通知を許可していてもAppleWatchでは通知させないように設定することもできますので、削れる通知はAppleWatchに出さないように、とことん削りましょう。

まとめ

繰り返しになりますが、AppleWatchの価値は能動的に使うことに意義のあるiPhoneとは反対に、「さりげなく知らせてくれる」「気づけばそうしてくれている」「むしろ何もしなくていい」というところにあります。

AppleWatch対応アプリのうち、「(自分にとって)AppleWatchで使う意味がある」アプリに絞り込む。

気づくことでアクションにつながる通知以外は、ノイズにしかならないので、とことん削る。通知を削る不安があれば、iPhoneだけに表示させて、AppleWatchには表示させない。

これで初めて、AppleWatchを「快適に」「使える」スタート地点に立つことができるようになります。