はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

2ヶ月目の1日1食生活を継続し、体重だけではないコンディション改善を実感した1ヶ月[食事コントロール習慣:9月月次レビュー&10月NEXTアクション]

前月の実行状況/達成状況を「レビュー形式」で振り返り、今月の目標及びアクションプランを「NEXTアクション」として設定する試みです。

今回は食事コントロール習慣について、9月実績の月次レビューを行い、10月のNEXTアクションを設定していきます。

前回レビュー時に策定した、9月のNEXTアクションをあらためて確認

  • 1日1食の継続
  • 1食は栄養価の高さにこだわったメニュー・食材の選択
  • サプリメントの併用
  • 代謝促進として、午前1.5リットル・午後1リットルの水分補給を継続する
  • 有酸素運動と無酸素運動の組み合わせによる筋肉量の維持

9月の実績振り返りと、気づいたこと

実績を確認

9月の食事コントロールは、1日1食生活に絞り込んで取り組んだ。

また、期間中の体重・体脂肪率の変化は、以下のようなものであった。

  • 体重と体脂肪率の成果指標について、ともに減少傾向をキープすることができた
  • 最も重視している成果指標である内臓脂肪レベルについて、ついに40代標準の「9」に到達した
  • 一方で、筋トレと水分補給アップにより、筋肉量は落とさずにキープできている

Keep(上手く行ったこと・続けること)

  • 1日1食生活の継続による結果的な糖質カットと、糖質依存からの脱却
  • その1食は、「大豆入りもち麦雑穀ごはん」を主食とする(タンパク質/食物繊維/ビタミン/ミネラルを重視)
  • タンパク質、ビタミンとミネラルの補給に、プロテインとサプリメントを併用する
  • 水分補給は、摂取頻度を増やすことで1日2.5リットルを基準にコントロールする

Problem(起こっている問題)

  • 1日1食としない休日には、平日で減らした体重・体脂肪率が増加している(ただし、休日は家族と食事を摂るので1日1食にはこだわらない)

Try(今後試してみたいこと)

  • 「良質なアブラ」摂取による、シュガーバーニングからファットバーニングへの移行
  • 1日1食としない休日は、ランニングを習慣することでバランスをとる

KPTから考える10月のNEXTアクション

  • 「減らす」1日1食の継続と、「加える」バターコーヒーの継続
  • 1食は栄養価の高さにこだわったメニュー・食材の選択
  • サプリメントの併用(特に、タンパク質と脂質のエネルギー変換を促進するビタミンB群)
  • 代謝促進として、午前1.5リットル・午後1リットルの水分補給を継続する
  • 有酸素運動と無酸素運動の組み合わせによる筋肉量の維持

まとめ

9月の食事コントロール習慣月次レビューを行ってみました。

1年前の1日1食生活では筋肉量も一緒に落としてしまい、それが1日1食を止めたあとのリバウンドにつながりました。

今回は、筋肉量維持を重視していることで、体重と体脂肪率を落としつつも体力まで落とさずに済んでいます。むしろ、1日1食生活により、相対的な体力が向上してコンディションを良い状態に持っていくことが出来ています。

10月に入り、すでに「良質なアブラ」摂取としてのバターコーヒーを取り入れ始めているのですが、これも効果の程を実感し始めているところ。

ただし、日によっては運動量が少ないこともあるので、過剰エネルギーとならないように摂取量と頻度をコントロールしていくことが課題となります。