はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

[2019-33WN]これからの方針はこれまでの中に

2019年第33週の週記。

毎週日曜日に、その週のトピックスを上げて振り返っていく試み。

1週間の振り返りとしてはずっと続けてきている「習慣化週次レビュー」もあるのですが、そちらは「習慣」に特化して「定量」で振り返るものであるのに対して、こちらは「生活全般」を「定性」で振り返るものとなります。

その週に感じたこと・考えたことを記して行きます。

休日に仕事をするのも、ワークライフバランス

10日から18日まで会社は9連休でしたが、3日ほど休日出勤しました。

休み明けの仕事に向けて、煮詰めておきたいことがいくつかあったので、誰もおらず集中できる休日を選んで。

平日はチームの仕事を動かすことに集中していますが、自分ひとりの作業に没頭することが本来の好み。

期待以上にはかどったことで、残りの休日を楽しむことができました。

定時とか会社指定休とかで区切るワークライフバランスではなく、自分主体で、仕事をしたい時はする、遊びたい時は遊ぶのがワークライフバランスだなと思っています。

期限を設けるからそれまでの我慢になるが、無期限なら我慢にならない

1年ぶりに1日1食生活をすることを思いつきました。

前回は半年間の期限を設けて行い、見事目標体重と体脂肪率を達成。

その一方で、1日1食を止めたこの1年間であっという間に元の状態までリバウンドしてしまいました。

もうやらないと決めていた1日1食生活ですが、ある日、「期限を設けるからそれまでの我慢になるが、無期限なら我慢にならない」という発想を得ました。

期限がないのにやるなら、それはもう特別なことではなく「普通の日常」になるでしょう。

ダイエットは特別なイベントにするからリバウンドを伴うのであって、ずっと続ける日常であれば、リバウンドに見舞われることもないでしょう。

まあ、ここまでは仮説なので、あとはやってみて検証します。

使っていたことすら忘れていた、「超」整理手帳との再びの出会い

Amazonを巡回していたら、おすすめに「超」整理手帳の2020年版が出てきました。

使わなくなって忘れていたのですが、手帳を「活用する」ことを知ったきっかけも、仕事には「型」があると学び始めたのも、「超」整理手帳がきっかけでした。

その後、仕事内容が変わってほぼ日手帳やシステム手帳に移りましたが、あらためて考えると、1週間・1ヶ月・3ヶ月スパンで考えたい趣味のことを管理するのに「超」整理手帳がぴったり合いそうです。

リフィルの商品ラインナップは随分と減ってしまっていましたが、古くて新しい「超」整理手帳を再び引っ張り出してみようと思います。

今週やりたかったこと・来週やりたいこと

今週やりたかったこと

  • 毎日2記事をアップする
  • サイクリング

ブログ更新は2週続けて達成。

やれば、出来るものです。

ただ、1週間ずっと休みだったら、逆に書けなかったでしょう。

仕事をしたり、自転車で移動をしたりを繰り返す中で書きたいことが浮かび、時間が限られるからこそ工夫をして書けたのかなと思います。

自転車通勤ではないサイクリングは出来ませんでした。

台風とタイミングが合わなかったので、仕方がありません。

次に機会があるとしたら、紅葉の中かな。

来週やりたいこと

  • 1日1食生活をスタートする
  • 栄養価の高いものを食べる

繰り返しになりますが、1年ぶりに1日1食生活をスタートします。

今度は、期限を設けないで、いつしか当たり前の習慣になることを目指します。

セットで、限られた1食でいかに栄養価の高いものを食べるか選ぶことに注力します。

ここは、知識が足りないので、勉強しながら。

まとめないまとめ

連休後半は漫画を読みまくっていました。

普段はテキストのみの本を読んでいますが、漫画を読むと構成の仕方や、濃い情報密度をさらりと読ませる方法など、いつも新たな発見があります。

企画書やプレゼン資料をつくる時は、発想を深くするのに時折漫画をめくるのが欠かせません。

連休も終わりますから、そんな毎日がまた始まります。