はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

通勤ランニングから自転車通勤への切り替えの狭間で大きく停滞した1ヶ月[ランニング/サイクリング習慣:4月月次レビュー&5月NEXTアクション]

前月の実行状況/達成状況を「レビュー形式」で振り返り、今月の目標及びアクションプランを「NEXTアクション」として設定する試みです。

今回はランニング習慣とサイクリング習慣について4月実績の月次レビューを行い、今月5月のNEXTアクションを設定していきます。

前回レビュー時に策定した、4月のNEXTアクションをあらためて確認

  • 平日ランニングのターゲットを朝に絞り、朝イチの筋トレで朝の習慣の波をつくることで出勤時の通勤ランニングへとつなげ、その結果として「距離よりペースより出走頻度」を実現する
  • 休日ランニングはSLD(スロー・ロングディスタンス)を基本としつつも、最後にペースアップを加えることで、15km以上を走れる脚力をつけていく
  • 1週間の予想されるイベントと天気予報から、現実的な週目標と日毎の配分を設定することで、低かろうとも確実に目標達成できる週を増やしていく

4月の実績振り返りと、気づいたこと

ランニングの実績を確認

  • 4月の走行距離/6.5km(3月:101km)
  • 4月の出走日数/1日(3月:18日)
  • 今年の走行距離/286km(3月末時点:279.5km)
  • 今年の出走日数/49日(3月末時点:48日)

サイクリングの実績を確認

  • 4月の走行距離/154km
  • 4月の出走日数/8日
  • 今年の走行距離/154km
  • 今年の出走日数/8日

期間中の体重・体脂肪率の変化は、以下のようなものであった。

  • 体重は、前半はキープしていたものの中旬から下旬にかけて増加傾向が続いた
  • 中旬から増加したのは、ランニングが行えない期間が続いたためだが、今シーズンの自転車通勤を開始した後も歯止めがかからなかった
  • ただ、月の後半は食欲の波が大きくなり食事コントロールが効かなかったことが大きな原因と考えられる

Keep(上手く行ったこと・続けること)

  • 自転車通勤は、今シーズンのスタートを良いかたちで切ることができた
  • 昨年までは朝の自転車通勤をするための心理的ハードルが高かったが、今シーズンはすんなりと出走できている

Problem(起こっている問題)

  • 通勤ランニングが停滞したことでランニング自体のモチベーションが下がり、休日ランニングの実施にも影響している
  • さらに、この春から高校生になった娘の入学準備のために外出で時間を費やす頻度が増え、ランニング時間を確保することができなかった

Try(今後試してみたいこと)

  • 平日は自転車通勤をベースに週3日以上の出走で70km走り、月間250km以上をコンスタントに走る
  • 休日は、距離を走ることの前に、出走する習慣自体を取り戻すために、1~2kmのショートランニングでも良しとする
  • かたちから入ることでモチベーションと実行力に変えるタイプなので、ランニングシューズとウェアを新調する

KPTから考える5月のNEXTアクション

  • 自転車通勤は週3日以上の出走で70km、月間250km以上を目標とする
  • 休日ランニングは、1回2.5kmのコース1周で完了とする代わりに、月5日以上の出走を目標とする
  • 新しいランニングシューズを購入する

まとめ

4月のランニング習慣/サイクリング習慣月次レビューを行ってみました。

冬場のメインの運動としてきたランニング習慣が、3月の101kmを境に大ブレーキ。

ただ、4月にぶり返した冬型の天候や、中学生から高校生になる娘の用事を優先したので致し方ない面もあります。

そんな中でも、良い兆しとなったのが、往復28kmある自転車通勤の今シーズンをスムーズにスタートできたこと。

ランニングよりも心拍数が抑えられる分、脂肪燃焼効果が期待できます。

5月は、自転車通勤をコンスタントに行いながら、一度途切れたランニング習慣のリスタートを切りたいと思います。