はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

タブレットを活用できるかどうかは、常に持ち歩いているかどうかという単純なことに要因がある

仕事ではiPad miniを、私用ではAndroidタブレットを使っています。

以前はiPhoneがメインでしたが、仕事でもプライベートでもタブレットを使う場面が増えています。

タブレットを活用できていなかった頃と、頻繁に使うようになった現在の相違点

変わったのは、持ち歩く頻度。

タブレットを活用するようになる前は、その日使うかどうかを、都度考えて持ち歩きを判断していました。

結果、荷物を少なくしたくて置いていったり、用途が思い浮かばず使わないかなと思った日に限って、持っていれば良かったと後悔することもしばしば。

確かに、持ち歩きやすくて取り出しやすいのは、どう考えてもサイズの小さなスマホのほう。

ですが、本をKindleで読むにしてもサイトをブラウジングするにしても、メモを取ったり文章を書くのが快適なのは、画面表示サイズの広いタブレットのほう。

実際、Androidタブレットを持ち歩くようになって、読書のインプットもそうですし、アウトプットの量もグッと向上しました。

そこにあるから開いてみる、使ってみればスマホとはまた違う快適さがあることを実感できて、実感があるからまた持ち歩くようになる。

タブレットを活用できていないという場合、原因はタブレットの機能を知っているかどうかよりも、常にかたわらにあるかどうかにあります。

現在は、持ち歩くことが前提で、実際に使うかどうかはあくまでもその結果と捉えるようになりました。

まとめ

常に使える状態にあれば、スマホには無いタブレット独自の機能や活用方法は自然と身についてきます。

「使わないから持たない」ではなく、「持つから使える」。

タブレットが眠ったままになっている場合は、まずは常に持ち歩いていつでも取り出せる状態にすることから始めてみましょう。