はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

せっかくAndroidタブレットを使い始めたので、iOS以外の音声入力方法を試しています

初めてのAndroidタブレットを使い始めて1週間ほどなのですが、音声入力のツールを色々と試しています。

デフォルトのキーボードは「iWnn IME」というもの。

音声入力には「Google音声入力」の機能を使っているそうで、音声の認識はまずまず。そこそこ変換してくれるけど、間違いもそれなりにというところ。

精度としては、iOSの音声入力と同等といったところです。

そういう意味では悪くはないのですが、キーボードとしてはさほど使いやすくもないので、別のキーボードアプリも試してみました。

キーボード:◎、音声入力:☓の「Google日本語入力」

一番期待していたのは、「Google日本語入力」。

予測変換が気持ちいいので、仕事で使うPCでは必ずこれを利用してきました。

iOSには対応していないのですが、Androidでは対応されています。

Google 日本語入力
Google 日本語入力
開発元:Google LLC
posted withアプリーチ

インストールして、早速試用。

キーボードとしては、だいたい期待通りの予測変換がなされていきます。

ところが、問題は音声入力の変換精度。

だいたい間違います。

iOSや「Google音声入力」が90%ほどなら、「Google日本語入力」は60%程度。

同じGoogle製品でも、音声入力からの変換精度が大きく違います。

これだけ間違うと、キーボードで修正する手間のほうがかえって増えてしまうことに。

キーボードメインの時は「Google日本語入力」がいいのですが、音声入力で使うのは断念しました。

音声入力:◎、キーボード:△の「Simeji」

そこで、次に試したのが「Simeji」。

Simeji - 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード
Simeji - 日本語文字入力&きせかえ・顔文字キーボード
開発元:Baidu Japan Inc.
posted withアプリーチ

あまり良いイメージを持っていなかったのですが、結論から言うと、音声入力の変換精度は群を抜いています。

iOSや「Google音声入力」が90%ほどなら、「Simeji」は95%以上。

喋っているときに言葉を噛んでも、割といい感じで拾ってくれます。

熟語の選択も、文脈にあったかたちで変換。

あと、句読点はiOSのように「まる」「てん」といった音声では入力できないものの、自動で適度に挟んでくれるので、あとからの修正の目安となります。

いちいち「まる」「てん」と喋らなくてもいいだけ、文章の思考が途切れずに済みます。

まとめ

音声入力なら、今のところ文句無しで「Simeji」の一択です。

ただ、キーボードとしては普通レベルなので、音声入力ではなくキーボード操作主体の場合は「Google日本語入力」がいい。

今のところは、この使い分けがベストです。

欲を言えば、キーボードの選択でいちいち設定に行かなければいけないのがネック。

なにかコマンド操作一発で、切り替えができるといいんですけどね。

方法がないか、また試行錯誤してみたいと思います。