はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

白米のような扱いやすさを保ちながらより栄養価を高めたいなら「美人玄米」がおすすめ

白米感覚で扱えて食べやすい玄米として、以前、「ロウカット玄米」というものをご紹介しました。

もう1種類併用している玄米があり、白米感覚の扱いやすさを保ちながら玄米らしい食感を楽しみたいのであれば、こちらの「美人玄米」がお勧めです。

「美人玄米」は、玄米に黒豆と大豆を配合し、より栄養価を高めているのが特徴です。

黒米によりアントシアニンを、大豆からはイソフラボンを摂取することができます。

玄米自体が白米に比べて食物繊維やビタミンを多く含んでいるので、抗酸化作用も加わることで、ダイエット期に最適な一品と言えます。

袋を開けるとこんな感じ。

色合いが非常に地味ですが、それがむしろ健康的な見た目を醸し出しています。

「美人玄米」自体にも大豆が含まれているのですが、最近は大豆を混ぜて炊くのが私の中でブームなので、一晩水に浸した大豆を加えて炊いてみたいと思います。

無洗米なのでそのまま使うことができます。また、通常の玄米は半日程度水に浸す必要がありますが、この「美人玄米」は1時間程度で吸水を済ますことができます。

さらに、炊き上がりまでに時間のかかる玄米モードではなく、通常の白米モードで炊くことができます。

黒米がアントシアニンを含んでいるので、炊き上がりは紫色になります。

食感も白米のようなロウカット玄米に比べて、「美人玄米」は玄米と黒米のプチプチとした食感を楽しむことができます。

さらに、私の場合は大豆を追加しているので、ほくほくとした甘みを味わうこともできます。

「美人玄米」は白米と混ぜて使うこともできるので、初めて試す人は白米の割合が多いところから始めてもいいかもしれません。

美人玄米とろロウカット玄米をブレンドすると言う手もあります。

私の場合は、お弁当用には具材を合わせて炊き込みにしたロウカット玄米を、家で食べる分は美人玄米にしています。

美人玄米とロウカット玄米、この2つを組み合わせることで停滞していたダイエットがはかどるようになってきました。

目標体重を達成したとしても、その先ずっとキープする食事コントロール方法として、この2つの玄米を愛用していこうと考えています。