はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

「月次レビュー」が書けない!その原因と対策は、過去の自分が教えてくれました

考えを整理して、深めていくための記事です。

すでに3月も折り返し地点なのですが、月次レビューをひとつも行えていません。

ブログ運営の月次レビューは1回さぼって他のことをしようと決めてのものなので、これは問題ありません。

3月分を4月上旬に行うところから再開します。

問題なのは、習慣化・仕組み化の月次レビューのほうで、10月分から1月分まではその月の翌月月初に行えていたのですが、2月分については現時点でも手付かずのままです。

振り返りは「習慣化日次PDCA」でも「習慣化週次レビュー」でもやっていますが、月単位で振り返るとあらたな気付きが必ずあるので、やったほうが良いことは分かっています。

なのに放置しているのは、月次レビューにかかる手間の問題。

1回あたり、どうしても2~3時間くらいかかってしまうので、ちょっと忙しかったりするとついつい後回しにしてしまいます。

時間がかかる原因は分かっていて、単純に扱う範囲が広すぎるから。

これまでのやり方では、

  1. 「ランニング」
  2. 「食事コントロール」
  3. 「体重・体脂肪率」
  4. 「読書」

の4つについて、

それぞれ

  1. 「Keep(上手く行ったこと・続けること)」
  2. 「Problem(起こっている問題)」
  3. 「Try(今後試してみたいこと)」
  4. 「翌月のアクション」

を洗い出します。

4×4=16を毎回洗い出すので、時間がかかりすぎてしまうというわけです。

となると、解決方法はひとつしかありません。

「砕いて少しずつ」「頻繁に」「ひとつずつ行動する」のステップを踏むことです。

これは、自分でブログにそう書いていました。

まさに、それを適応する必要があるケースです。

ひとまとめで月次レビューとしていた

  • 「ランニング」
  • 「食事コントロール」
  • 「体重・体脂肪率」
  • 「読書」

を、1記事ずつに分けて月次レビューを行います。

そうすれば、ランニングについて

  1. 「Keep」
  2. 「Problem」
  3. 「Try」
  4. 「Action」

を書き出す4工程だけで済みます。

別の日に、同様に例えば読書について「Keep」「Problem」「Try」「Action」を書き出して完結させる、というように。

これなら、ひとつの月次レビューを30分くらいで行えそうです。

月次レビューの記事数が増えてしまいますが、それはやってみてからまた考えます。

すでに月も後半に入りますが、来週にでも試してみたいと思います。