はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

自宅用にPCを買おうと思ったが、用途を考えるとタブレットよりディスプレイが大きいことしかメリットがないことに気づいた

仕事はデスクワークが多いので、ほぼ1日中PCを使います。

打合せなどの対面のコミュニケーションも含めて、PCを使わない仕事はないでしょう。

一方で、自宅用のPCは数年前に壊れたのと当時年賀状くらいにしか使っていなかったので、長い間PC無しで過ごしてきました。

とは言え、PCが便利なツールであることは実感していましたから、「そろそろ自宅にもPCが欲しいなあ」と思うようになり、いくつかのメーカーの機種を物色。

ところが、スペックなどを比較しているうちに、どんな目的で使いたいのかをあらためて考えるように。

現時点で思いつくのは

  1. ブラウジング
  2. 読書(電子書籍)
  3. ブログ記事作成
  4. ブログデザイン変更
  5. 会社の仕事
  6. これから始める副業

と言ったところ。

目的から考えると、1~3は現在でもスマホでできていますし、「広い画面で使えたら便利そう」といった程度。

使う場所を選ばない点では、スマホのほうが便利かもしれません。

4はスマホからは行えないことも実際にあるので、PCがあればできることは確実に増えます。

5は、そもそも私用PCの利用は禁じられていますし、簡単な仕事であれば会社から貸与されているiPad miniで済みます。

むしろ、PCが必要な仕事を家に持ち込まないように段取りをつけて実行することが、健全で現実的と言えます。

最後の6は、近いうちに休日に自宅で副業を始めたいと考えており、それならPCが必要と短絡的に考えていたのですが、Webデザインなどでもしない限りPCである必然性が今のところ無いと気づきました。

スマホでは無理があったとしても、タブレットで行えることを前提に、何を副業にするのか考えてもいいかもしれません。

そう考えると、PCが欲しい理由というのは

「広い画面で使えたら便利そう」

くらいしかなく、広い画面が欲しいなら、これも10インチくらいのタブレットがあれば十分かもしれません。

強いて言えば、4のブログデザイン変更時の使用ですが、頻繁にあるわけではなく、冷静に考えればやりたいことのメインはあくまでも記事を書くことであって、大幅にデザインをいじりたいワケでもありません。

従って、必要度と優先度から整理すると、スマホより大きい画面である必要はあるものの、PCではなくタブレット購入を考えたほうが良さそうです。

24インチ以上のディスプレイで楽しみたい気持ちもありますが、もう少し待てば、タブレットの外部ディスプレイ出力も期待レベルまで実現されそうですし。

いずれにしても、すでにスマホやタブレットがあるならば、「PCが欲しい」という気持ちが

  • 目的から見ても、必要条件としてその通りPCが必要なのか
  • わたしのように「広い画面で使えたら便利そう」という妄想レベルなのか

客観視したほうが良さそうです。