はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

習慣化週次レビューに「KPT」のフレームワークを組み込んでみる

考えを整理して、深めていくための記事です。

毎週月曜日に行っている「習慣化週次レビュー」について考えてみたいと思います。

やりたいのは、「続けること」「止めること」「変えること」を明らかにすること

週次レビューは、PDCAを回す仕組みとして行っています。

いかに、悪い習慣を減らして、良い習慣を増やすか。

そのために、目標(Plan)に対する実績(Do)を確認し、その差異の要因を明らかにする(Check)ことで、次のActionを決めていく。

このActionを分解すると、「続けること」「止めること」「変えること」の3つのいずれかになります。

現状は、ここの洗い出しが弱いかなと感じています。

KPTのフレームワークを取り入れてみる

そこで、取り入れたいと考えているのが「KPT(ケプト)」のフレームワーク。

振り返りを行うことで、「Keep:続けること」「Problem:起きている問題」「Try:やってみること」を明確にしていく手法です。

先行して月次レビューでは取り入れ始めていて、ブラッシュアップの確かさが増しているのを実感しています。

このフレームワークを、週次レビューにも取り入れたらどうかと考えています。

記事構成としては、週の目標に対する実績を確認し、その要因のProblemを想定します。

Problemというと通常は「悪い問題」を指しますが、ここは「要因」ととらえて、「何が問題か」だけではなく「うまく行っている要因は何か」を洗い出してみたいと思います。

うまく行っている要因に対してはKeepを、阻害する要因に対してはTryを整理していく。

このKeepとTryを前提に翌週のPlanを立てれば、KPTを組み込んだPDCAサイクルが完成しそうです。

まとめ

書き出すことで、ありたい姿とやり方がくっきりと見えてきました。

あとは実践する中で、目的に向けて手段を最適化するのみ。

行動は早いほうがいいですから、今週分のレビューを来週月曜日に行うところからやってみたいと思います。