はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

仕事を楽しめるようになるシンプルな方法

「好きなことを仕事にしたい」という人は多いものの、実際のところ好きなことだけを仕事にできている人は少なく、そもそもにして仕事にしたい好きなことが何なんかすら分からない人が大半。

それでも、好きなことを見出して、その好きなことと仕事を「寄せる」ことはできます。

そのステップをご紹介したいと思います。

仕事というかたまりを分解して俯瞰する

「仕事=作業×意味」という図式で捉えてみる

せっかく就いた「好きな仕事」から離れることになったとしても

まとめ

好きな仕事というのはどこか遠くにぽっかりとあるものではなく、意外と身近にあるもの。

それに気づく視点を持つということと、仕事というかたまりを分解してみる手法を身につけるということが、現実的に確かな方法と言えます。

年があらたまると何かと新しいことも始まります。

まず仕事ののかたまりを分解して、含まれている好きな要素を見出し、類似の要素の割合を高めることと、そういった仕事が自分のほうへ「寄ってくる」ようにしていきましょう。