はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

【気になる手帳2019年版】 手書きが好きだけど管理はデジタルがいい人のデジアナ手帳「N planner 2019/NeoLAB(ネオラボ)」

年末も差し迫ってきたこの時期、来年へと思いを馳せながら気になるのは来年の手帳のこと。

2019年版新作手帳のなかから気になる1冊をご紹介。

今回は、NeoLAB(ネオラボ)の「N planner(エヌプランナー)2019」です。

「N planner 2019/NeoLAB」の概要

書き込む際は、思考の整理も兼ねて手書きがいい。

何より、紙への手書きの書き味が好き。

だけど、スケジュールなど書いたことを持ち歩いたり、見返したりするのはスマホ1台で便利に行いたい。

手帳好きの中でも、そんな人は少なくないでしょう。

世界最細・最軽量の光学式スマートペン「Neo smartpen」を主力商品とする会社NeoLABが出した手帳「N planner 2019」は、そんないいとこどりを叶える手帳です。

この手帳に「Neo smartpen」(別売)で予定を記入すると専用アプリがデジタル化。

Googleカレンダー、iCal、Outlookカレンダーなど、自分が使っているカレンダーアプリ(サービス)に、テキスト化された手書き情報が連動して表示されます。

アナログからデジタルへ、変換したり複雑な処理手順を踏んだりせずにシームレスにつながるのがいいですね。

「N planner 2019」はA5サイズ・1月はじまりのハードカバータイプで、マンスリー/ウィークリーのページ構成。

公式サイト▶NeoLAB Convergence

「N planner 2019/NeoLAB」の推しのポイントとここが気になる

手書きをデジタル化する発想の手帳はこれまでもありましたが、テキスト変換の精度が低かったり、連携させるための手順が複雑なためにハードルが高かったり。

その課題解決にフォーカスしたのが「N planner 2019」と「Neo smartpen」。

スマートペンに特化した企業のプロダクトであることから、実用性の高さが期待できます。

一方で、気になるのは商品としての継続性。

これまでの、デジアナ連携手帳はアプリのOS対応などがいつしか行われなくなったり、手帳自体が販売終了してしまうことが多くありました。

こればっかりはその時になってみないと分かりませんが、単年で終わらせずに、商品としてのブラッシュアップを続けながら2年、3年と販売を継続していって欲しいと思います。

まとめ

入り口は手書きのアナログ、出口はデジタル。

生き残りの厳しいデジアナ連携手帳において、「N planner 2019」と「Neo smartpen」はその代表となれるのか。

期待を込めつつ、今後の動向もウォッチし続けたいと思います。