はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

キャッシュレス時代にフィット!ミニマルなサイズ感と機能性にあふれた財布「エアーウォレット」[開封レビュー]

8月にクラウドファンディングで支援していた財布「エアーウォレット」のリターンの品が届きました。

使い始めるのはまだこれからなのですが、まずは開封レビューでファーストインプレッションをお伝えしたいと思います。

名刺大のミニマルサイズでカードもシュッと取り出せる「エアーウォレット」をクラウドファンディングで支援した理由 - はたらく・暮らす・整える

ミニマルな財布「エアーウォレット」の概要

  • 名刺大とミニマルサイズながら、十分な収納力(紙幣+8枚のカード)
  • 財布を開かずともワンアクションでカードが取り出せる利便性と、RFIDブロックケースによる安全性(スキミング対策)
  • 機能性を本革で包んだデザインの良さと質感

開封レビュー

黒い箱にロゴだけのシンプルなパッケージで届きました

メッセージカード付きです

革の色を選べるのですが、チョコレートブラウンを選択しました

大きさを比較

これまで使ってきた二つ折り財布(左)の半分、名刺入れ(右)と比べてもひと回り小さいサイズ感。

厚さもぐっと薄くなりました

三つ折りの形状を広げるとこんな感じ

カードを入れるポケットが左右に2つあります

各2枚の合計4枚でぎりぎりな感じです。

お札は左半分を挟むように差し込みます

4枚以上入れると財布を閉じるのが厳しかったので、あと2枚分くらいゆとりがあるといいかなと感じました。

使用頻度が高いカードは、先ほどのポケットとは別にある、アルミ素材のケースに差し込みます

財布下部にあるレバーを押し込むと

差し込んでおいたカードが、シュッと出てきます

動画で見るとこんな感じです

まとめ

手のひらに収まるくらいのミニマルなサイズ感。

持ち歩ける量は減りましたが、現金主義からキャッシュレス化への転換を進めていることや、月に1回程度しか使わない診察券やポイントカードなどを外すことで中身もミニマルになり、必要十分な容量を備えていると言えます。

ただ、財布を閉じるスナップが、財布の中身がカラの状態でぴったりな長さになっているので、あと3~5mmくらいゆとりがあってもいいかなと感じました。

機能面では、使用頻度の高いカードの出し入れがワンアクションで行えることで、支払いの場面でよりスムーズに行えるようになるのではと期待しています。

しっとりとした革は傷つきやすいものの、その反面使い込んでいくうちに幾重にも傷がつくことで、むしろいい味を出してくれるでしょう。

今回は、開封レビューとしてファーストインプレッションをお伝えしましたが、1ヶ月程度使用してから、またあらためて使用感レビューとしてご紹介したいと思います。