はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

2018年9月に買ってよかったモノ:写ルンですプレミアムキット、Excel本、ビジネスフレームワーク図鑑など

ミニマルライフを目指す一方、『人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに』を読んで以来、モノを減らすことを目的とするのではなく、こだわりのモノで彩られた生活を送りたいと思うようになりました。

良さげだから買うではなく、そのモノがあることで自分の生活にどんな価値が生まれるのか。

ただし、吟味した上での購入であっても失敗もあります。

そこで、毎月月初に(今回は下旬になりましたが)、前月購入してよかったモノと使ってみたけどう~んなモノをご紹介していきたいと思います。

今回は、2018年9月に買ってよかったモノをご紹介します。

買ってよかったもの

FUJIFILM「写ルンです」と「プレミアムキットII」

今月あらたにやりたいこと・試したいこと3つ[2018.09版]」で、フィルムカメラで写真撮影を始めることを9月の目標のひとつとしていました。

その第一歩として、安価であり、機能としてもシャッターを切るだけのカメラである「FUJIFILM フジカラーレンズ付フィルム 写ルンです スタンダードタイプ」と、高級フィルムカメラの雰囲気“だけ”味わえる「FUJIFILM 写ルンです プレミアムキットII 」を購入したもの。

FUJIFILM 写ルンです プレミアムキットIIには、写ルンです本体(スタンダードタイプ/27枚撮り)と、ハードカバー、ショルダーストラップ、デコレーションシールが同梱してあります。

スマホやデジカメのデジタル写真と、フィルムカメラの写真では「撮るツール」としては変わりないはずなのですが、ズームもオートフォーカスもない「撮るだけ」の単機能の写ルンですを持っていると、目に写る者を自然と被写体として構図で捉えるようになる感覚が、なんとも言えず楽しいです。

▼詳しくはこちらをどうぞ

『ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70』

ビジネスを進める際に必須となる、企画立案やプロジェクト実行、組織マネジメントに即適用できるとした1冊。

どのようにゴールを設定して何を考えればよいのか「悩む」状態から脱却し、目的・目標となるゴールを設定してそれを達成するための戦略や方法論を「考える」ことができるようになろうと提唱したもので、そのための強力なツールが「ビジネスフレームワーク」となります。

これまで、ビジネスフレームワーク自体は知っていて使ってはいたものの、「何となく」選んで使っていました。

場面毎に適したフレームワークと、それぞれのフレームワークの得意とするところがわかるようになりました。

どのフレームワークがどんな場面で活用できるかを図解したマップと一覧表があるので、逆引きして使うこともできます。

▼詳しくはこちらをどうぞ

『Excel 最強の教科書[完全版]――すぐに使えて、一生役立つ「成果を生み出す」超エクセル仕事術』

Excelには、「効果的な使い方」かつ「シンプルな使い方」があり、誰でもマスターできるとした1冊で、機能の使い方を解説するのではなく、「実際のビジネスの現場でどのように使うのか」に力点が置かれています。

これまで、自己流ながらそれらしく資料をつくれるものの、毎回やり方を考えながらなので、効率が悪いと感じていました。

同様に、資料として見せる相手に訴求するための魅せ方のポイントも自己流であり、十分な効果を発揮できていないと感じていました。

この本を読んで実践してみることで、出来上がりが(パッと見で)それらしくても、正しい手順と自己流ではかかる手数がまるで違うことや、ミスを防ぐポイント、ミスがあってもチェックできるやり方を抑えておけば、手戻りがずっと少なくなることなどが分かりました。

自己流でやってきて、Excelを使えているかどうかと聞かれると自信のない人や、ちょこちょこ資料作成ミスを犯している人、Excelに「詳しい人」にはならなくてもいいが、訴求力のある「できる資料をつくれる人」にはなりたい人などにおすすめの1冊です。

▼詳しくはこちらをどうぞ

まとめ

9月は3つのモノを購入しました。

数としては少ないのですが、フィルムカメラは長くじっくり続けられる趣味としての手応えを感じ始めていますし、本は2冊とも仕事で即実践することで周囲からの評価を得られ始めています。

ビジネスフレームワークを活用した「分かりやすさ」と「納得感」のある提案、データの羅列ではない「アクションにつながる」分析資料の提示を自分の強みにしていこうと考えています。

10月は、クラウドファンディングで支援したプロダクトが届く予定なので楽しみです。