はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

【月間まとめ】51記事更新し、「習慣化・仕組み化」記事の体系化を開始した月でした[2018年9月号]

2018年9月まとめ記事として、1ヶ月で公開した記事を振り返り、ピックアップしたりカテゴリー分けをしたりしてご紹介して行きます。

9月は51記事と、前月と同じくらいの更新数となりました。

そのなかで、「習慣化・仕組み化」に関する新たな連載記事をスタートさせたり、ブログをきっかけにフィルムカメラで写真を撮るというあらたな趣味を始めたりするることができました。

また、手帳に関する記事や商品レビュー記事もコンスタントに更新することができました。

▼8月の振り返りはこちら

2018年9月の記事からピックアップ

まずは9月に公開した記事をいくつかピックアップしてご紹介します。

「習慣化・仕組み化」に関する記事の体系化を開始

習慣化・仕組み化は、当ブログのメインテーマのひとつです。

これまで1年半ほどに渡り、いくつもの習慣化にトライして自分のものとしてきました。

その実践にあたっては、「習慣化レビュー」や「習慣化日次PDCA」などで記録として、その都度記事にもしてきました。

ただし、どうしても時系列になってしまうため、習慣化項目別・フェーズ別などでたどるのが困難な状態になっているという問題が発生。

そこで、1,000記事のストックからエッセンスを抽出しつつ、習慣化メソッドを体系化する記事を作成することを考えました。

単独記事ではなくシリーズものとし、まずはその最初の記事と第3弾までを公開したところ。

10月以降も、週に1~2本ペースで公開していく予定です。

2019に向けた「手帳会議」を開始

8月・9月は各メーカーから手帳の新作の発表が相次ぎ、それを使うかどうかは別として、様々なインスピレーションが浮かびます。

そこで、「ひとり手帳会議」と銘打って、手帳を使う目的とそれぞれの手帳の役割、あるいは使い方を整理してみました。

第1回目の手帳会議では、「学びの手帳」の役目を果たす手帳が保留となっていたのですが、それから程なくして、まさにコンセプトにぴったりな手帳に出会うことができました。

10月には購入して使用感を確かめ、またあらためてレビュー記事にまとめてみたいと思います。

フィルムカメラで写真撮影を開始

フォローしている複数のブログやTwitterで、フィルムカメラを使った写真撮影の記事をよく見かけるようになりました。

ともすると均質化してしまいがちなデジタル写真とは味わいに違いがあり、どれもこれも個性があって楽しそう。

その雰囲気に感化されて、波に乗ってみることにしました。

とはいえ、フィルムカメラの知識はゼロ。

いきなり高額なフィルムカメラに手を出すことはできません。

そこで昔懐かしい、「写ルンです」から始めてみることにしました。

手にとるのは実に20年振りのこと。

実際に手にしてみると、撮りたいものが次から次へと視界に入ってきて、9月はフィルム1本をあっという間に撮りきりました。

ただ、現像はまだなので、10月初めには現像に出してみて、その感想や反省を記事にまとめてみたいと思います。

フィルムカメラで撮る写真のテーマは、次のようなものを考えています。

  • 秋を感じさせる色を含んだ風景やもの
  • かたちあるものそのものではなく、それを取り巻く空気感や光線加減
  • 普通の生活のワンシーン
  • 現像してみないと分からない失敗(成功?)写真
  • 100歳になった祖母とそのひ孫・玄孫

2018年9月に書いた記事まとめ

ここからは、各記事をカテゴリーごとに並べ直したものをご紹介します。(一部再掲)

楽しむ生活術

楽しむ手帳術

商品レビュー(読書記録含む)

習慣化・仕組み化

ブログ運営

習慣化週次レビュー

習慣化日次PDCA

あとがき

ブログ毎日更新が1年365日経って思うこと[習慣化日次PDCA 2018/09/04]」に書いたように、この9月で、毎日更新が丸1年を迎えました。

振り返ってみると、現在でも行っている「1日複数記事」を更新してきたこと、何もなくても必ず毎日更新する連載記事(「習慣化日次レビュー」、のちの「習慣化日次PDCA」を持っていたことで、現在まで続いてきたのだと思います。

9月は特別ヒットと言える記事があったわけではありませんが、全体としてアクセス数の底上げができた手応えを感じています。

10月も手帳関連の記事や新連載の「習慣化・仕組み化」を充実させつつ、週に12記事を基本ペースとして更新を重ねて行きたいと思います。