はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

自分のためではなく相手のために、相手に合わせて教えることを子に教わる[習慣化日次PDCA 2018/08/05]

習慣化日次PDCAの212日目で、1000日継続マラソンの281日目。

東京オリンピック開幕日までの1000日間の毎日更新と、「PDCAサイクルによる日常的なスパイラル的成長」を目的に行っています。

記事の構成とフローとしては、

  1. 週初めに立てた目標(Goal)を確認
  2. Goalを念頭に、今日のプラン(Plan)を朝一で宣言
  3. Planを前提に1日を過ごしながら実績(Do)と気づき(Check)を記録
  4. 1日の終わりにCheckをベースとして、次への改善策・伸長策(Action)をまとめ

を基本とします。

▼先日の日次PDCAはこちら

スプラトゥーン2、人生初の「自分のための」ゲームソフト購入[習慣化日次PDCA 2018/08/04]

今日はどんな日

タクシーの日 で、ハコの日/箱の日で、ハンコの日で、世界ビールの日/世界ビール・デーで、山形花笠まつりの日なのだそう。

今日は、地区の夏祭りの予定でしたが、朝から本降りの雨が降り、洪水警報が出される1日に。

大人しく、息子と家の中でスプラトゥーン2をやって過ごしました。

今週(7月第5週/8月第1週)の目標(Goal)

今週の定量目標・定性目標は以下の通り。

  • ブログ更新は、習慣化日次PDCAを毎日更新する
  • ほかのカテゴリーの記事は、週5回以上更新する
  • 新連載記事の下書きを1本書く
  • 平日の自転車通勤は、4日とも出走する
  • 早朝ランニングは出走日数4日以上(1回4km以上)として、そのうち休日は8km以上を1本走る
  • バーベルトレーニングを週3日行う
  • 睡眠時間確保を目的とした就寝時間前倒しのため、SNSは夜ではなく朝に見ることにする。SNSを見たくなったらブログ更新に行動をスイッチする
  • 食事コントロールの一環として、週5日以上「1日1食生活」を行う
  • 食事コントロールと運動習慣の結果として、体重63kg台をキープしつつ、体脂肪率を16%台とする

引用元:【週刊totonoeru】自分で決めた習慣のとおりに生活するには、自分だけではなく家族の健康が重要だと考えさせられた1週間[習慣化週次レビュー 2018/7 第4週] - はたらく・暮らす・整える

今日の習慣プランニング(Plan)

今日の実績と気づき(Do、Check)

睡眠

  • 就寝時刻:22時18分
  • 起床時刻:6時15分
  • 睡眠時間:8時間
  • 睡眠の質:熟睡
  • 起床時心拍数:51
  • 起床から実際の活動開始までにかかった時間:15分

《参考値》

  • 2017年8月の平均睡眠時間:6時間33分

60分間走の翌日は疲れが出ることがわかっていたので、早起きせずにたっぷりと睡眠。

起床時心拍数が上がらなかったので、十分に疲労回復できたようだ。

睡眠時間 : 睡眠サイクルスマートアラームクロック、監視分析
睡眠時間 : 睡眠サイクルスマートアラームクロック、監視分析
開発元:Azumio Inc.
無料
posted with アプリーチ

食事(1日1食生活)

1日1食生活完全実施の10クール目を完了。

1日1食生活も半年ほどとなり、ややだれてきたので、あらたな刺激を与える「スイッチング行動」を探しているところ。

日課や習慣をサクサク記録!- Habit Keeper
日課や習慣をサクサク記録!- Habit Keeper
開発元:KinkumaDesign
¥240
posted withアプリーチ

サイクリング(自転車通勤)

休日は、自転車通勤もお休み。

  • 今日の走行距離/0km
  • 今週の走行距離/140km
  • 今週の出走日数/5日
  • 今月の走行距離/84km
  • 今月の出走日数/3日
  • 今年の走行距離/1438km
  • 今年の出走日数/58日

《参考値》

  • 2017年8月の走行距離/145km
  • 2017年8月の出走日数/7日
  • 2017年の走行距離/1686km
  • 2017年の出走日数/75日
Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ
Runtastic ロードバイク記録サイコンアプリ
開発元:runtastic
無料
posted withアプリーチ

ランニング

激しい雨のため、今日のランニングは見送り。

あと1日走りたかった。

その気持ちの分は、来週に持ち越すこととする。

  • 今日の走行距離/0km
  • 今週の走行距離/21.5km
  • 今週の出走日数/3日
  • 今月の走行距離/21.5km
  • 今月の出走日数/3日
  • 今年の走行距離/401km
  • 今年の出走日数/124日

《参考値》

  • 2017年8月の走行距離/0km
  • 2017年8月の出走日数/0日
  • 2017年の走行距離/278km
  • 2017年の出走日数/82日
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
無料
posted with アプリーチ

筋トレ

読書後の気分転換に、12分間のワークアウトを実施。

ここまでの累計は、

  • 今週:7日
  • 8月:5日

ストレッチ的な筋トレを継続する。

バーベルを使ったトレーニングは、今日はお休み(火・木・土曜日で実施の計画)。

次回予定回数は、現在の限界点まで。

  1. 上腕二頭筋を鍛える上げ下げが、156回
  2. 上腕二頭筋の裏と肩甲骨周りを鍛える上げ下げが、126回
  3. 肩周りを鍛える、横方向への上げ下げが、86回

Streaks Workout
Streaks Workout
開発元:Crunchy Bagel
¥480
posted with アプリーチ

体重・体脂肪率

体重・体脂肪率ともに増。

1日1食と言いながら、「飲むヨーグルト」を飲みすぎたかもしれない。

それにしても、1kgもの増加は謎。

  • 8月の目標体重:62kg台をキープしつつ、体脂肪率を16%台前半に落とす
  • 2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%
  • 2017年最低体重:67.0kg(11月、12月)
  • 2017年最低体脂肪率:19.8%(9月、11月)
  • 2018年最低体重:62.2kg(8月)
  • 2018年最低体脂肪率:15.8%(7月)
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜
開発元:Takayoshi Kurachi
無料
posted with アプリーチ

読書時間

インプット時間 朝:20分、昼:30分、夜:0分

アウトプット時間:0分

「SNSを見たくなったらブログを書く」のスイッチング行動がうまく行っているので、同様に「SNSを見たくなったら読書」を始めてみた。

ここまでの累計は、

  • 読書時間(今週):1時間10分
  • アウトプット時間(今週):0分
  • 読了(8月):0冊

▼いま読んでいる本

▼今月読み終わった本

(無し)

ブログ更新

この習慣化日次PDCA記事の1記事を更新。

ここまでの累計は、

  • 今週:12記事(デイリー連載:7記事、その他カテゴリー:5記事)
  • 8月:8記事

1年前(2017/8/5)に更新したブログ記事の振り返り

この日は更新した記事はありませんでした。

当時の背景

仕事がある平日よりも、家にいる休日のほうがブログ更新の時間を確保することが難しいと感じていました。

そこから気づくこと

「まとまった時間がないとできない」は思い込み。

時間はそこに「ある」。

細切れの時間であっても必ず時間はあり、問題はそれを「どう使うか」の1点だけ。

次への改善策・伸長案(Action)

  1. 早起き&早朝ランニングを、ハードルを下げてベイビーステップで再開していく
  2. 雨かどうか、ランニングするかどうかに関わらず、起きる時間を固定する
  3. 1日1食生活完全実施の11クール目を開始する
  4. 読書のリズムを取り戻すまでは、読み慣れた既読本を読み返す
  5. 12分間ワークアウトはストレッチとして行い、バーベルトレーニングは筋肉を太くするものとして行う

あとがき:自分のためではなく相手のために、相手に合わせて教えることを子に教わる

先日、40数年の人生で初めて、自分のためにゲームソフトを買いました。

ニンテンドースイッチは操作性に優れたゲーム機なのでしょうが、超が付く初心者のわたしは、チュートリアルの段階で四苦八苦。

それでも、小学生の息子に教えられながら、なんとか本編へと進むことができました。

実に遅々たるゲーム運びでしたが、先生役となった息子は「お父ちゃんのペースでゆっくりでいいんだよ」「いいねいいね、ちょっと良くなってきたんじゃない」などと随時フォローしながら、次へ進むためのポイントを教えてくれました。

わたしが息子に教える時は「もっとしっかり」「ちゃんと集中して」などと言ってしまっているにも関わらず。

あまりにも遅いゲーム運びと拙いコントローラー操作でイライラすることもあったでしょうに、相手のためになる教え方という意味では、息子のほうがはるかに大人です。

自分の子供に、ゲームを通してそれを教わりました。

このことを思い出しながら、自分に合わせるのではなく、相手のためになる教え方をしていこうと思いました。

▼日常レベルでの具体的な目標の立て方から、PDCAサイクルの回し方まで、この1冊で実践力が身につきます