はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

振り返りは改善策もいいが、伸長策の発見を【 #1000日継続マラソン 263日目】

過去の自分を振り返りつつ、1,000日後の自分をかたちづくっていく取り組みの263日目です。

*タイトルの「#1000日継続マラソン」は、途中で歩いたり立ち止まったりしても、最後までゴールを目指すことをイメージしています

▼1000日継続へのチャレンジのきっかけはこちら

ブログ更新

昨日(2018/7/17)更新した記事

半年前(2018/1/17)に更新した記事

気づきとこれから

昨日は

デイリー連載の2記事と、買って良かったモノ月間まとめ記事の合わせて3記事を更新。

2月分まで遡り、残すは1月分のみとなりました。

まだ先ですが、年末になったらベスト10を選ぼうと考えています。

半年前の1月17日は

楽しむ仕事10、1000日継続マラソン、習慣化日次PDCAの3記事を更新。

1記事目は、再現性を高める振り返りについて

振り返りは一般的に、上手く行かなかった場合に行われます。

それはそれで必要なことですが、2つの欠点があります。

  • 一過性のこととなってしまう
  • マイナスは防げるようになっても、プラスへの前進とならない

本来、振り返りで必要なのは、

  • 継続的に再現できる
  • より高いステージへと、前進を繰り返す

この2つです。

ではどうすればいいか?について、書いてみました。

2記事目は、1000日継続マラソン記事

半年前は、習慣化週次レビューからスタートして3記事を更新しました。

週次レビューを読み返してみて、習慣化日次PDCAのActionでは睡眠に関するものが多いのに、週次で睡眠についてレビューしていないことに、気づきを得ていました。

習慣化週次レビューで睡眠ログを振り返るようになったのは、この時に得た気づきからです。

3記事目は、その日の習慣化日次PDCA記事

半年前のこの日は、積雪による道路状況から、ランニングを2日続けて見送りました。

バスの通勤となるので身体はラクですし、乗っているだけなのでブログを書いたり読書したりもできます。

ただ、ラクですが楽しくはありません。

仕事もブログもやって、ランニングもしているという状態が、今の自分にとっては一番楽しい。

楽しいうえでラクにできるようにしていきたいものです。

ボディマネジメント

昨日

  • 22時51分就寝ー6時50分起床、熟睡、二度寝
  • 食事コントロール:1日1食生活を継続
  • 自転車通勤:無し(この日までの7月出走日数:3日、月合計距離数:56km)
  • ランニング:無し(この日までの7月出走日数:11日、月合計距離数:68km)
  • 筋トレ:12分間ワークアウト
  • 体重:64.2kg
  • 体脂肪率:17.3%

半年前

  • 23時16分就寝ー5時37分起床、中途覚醒あり
  • お弁当づくり:厚揚げと豚肉のカレー炒め、ショウガ煮風煮卵、きんぴらゴボウ、チェダーチーズ
  • 自転車通勤:冬季休止(この日までの1月出走日数:0日、月合計距離数:0km)
  • ランニング:無し(この日までの1月出走日数: 11日、月合計距離数:41.5km)
  • 筋トレ:6分間ワークアウト
  • 体重:67.8kg
  • 体脂肪率:21.0%

気づきとこれから

昨日は

4時起きからの早朝ランニングを予定していたものの、前日の10kmランのダメージが抜け切っておらず、早起きすることができませんでした。

雨で自転車通勤もできなかったので、12分間ワークアウトのみの軽め調整の1日となりました。

長めのランニングをする場合は、あらかじめ休養日を設定することにしようと思います。

半年前は

突然のどか雪に夜間も雪かきに追われて、就寝時間がずれ込んでいました。

その後の積雪状況も気になって、夜中に何度か目が覚めてしまうように。

この冬は、翌朝の積雪量が気になって眠りが浅くなることが、度々ありました。

まとめ

繰り返しになりますが、振り返りで必要なのは、

  • 継続的に再現できる
  • より高いステージへと、前進を繰り返す

この2つです。

それを見いだすための手段が振り返りということになります。

懐かしんだり、反省したりするためのものではありません。

そういう意味では「改善策」より「伸長策」。

改善策も必要ですが、それを10個見つけるより、伸長策をひとつ取り上げるほうが、より高いところへと向かうことができます。