はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

保温保冷機能と値段のギャップをきちんと確かめなかった安物タンブラーを断捨離[1日1捨 No.042]

家の中にあるもの・持ち歩くものを1日1つずつ手放して、生活をミニマルに近づけていく「1日1捨」。

今回が42回目です。

保温保冷機能と値段のギャップをきちんと確かめなかった安物タンブラーを断捨離[1日1捨 No.042]

夏の暑い盛りに近所のホームセンターで購入したタンブラー。

冷たいものは冷たいままで、寒くなったら温かいものは温かいままで飲みたいと思い、おもて面のシールにあった「中空2層構造、保温力がさらにアップ」の文字にひかれて即決。

ただ、実際に使ってみたらその保温力はとても短く、裏面を見ると小さな文字で「魔法瓶のような効果はない」と書いてあった。

どうりで、サーモスなどのタンブラーに比べて安かったわけだ。

数回使ってがっかりしてしまい、そのまま食器棚の奥にしまいこんでいたものが今回出てきたので断捨離。

今後は、求める機能と値段のギャップがあるものはぬか喜びせずに、きちんと確かめたうえでモノ選びをしよう。

「安物買いの銭失い」に気づかせてくれて、ありがとうございました。

▼ひとつ前の1日1捨はこちら

「暖かくて軽い」が当たり前の今、もはや出番のない防寒着を断捨離[1日1捨 No.041]

「1日1捨」「断捨離」「シンプルでミニマルな生活」のお手本にしている本