はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

60分間走の習慣化と仕組みにおける課題【 #1000日継続マラソン 232日目】

過去の自分を振り返りつつ、1,000日後の自分をかたちづくっていく取り組みの232日目です。

*タイトルの「#1000日継続マラソン」は、途中で歩いたり立ち止まったりしても、最後までゴールを目指すことをイメージしています

▼1000日継続へのチャレンジのきっかけはこちら

ブログ更新

昨日(2018/6/16)更新した記事

半年前(2017/12/16)に更新した記事

気づきとこれから

昨日は

デイリー連載の3記事と、WeeklyMagazine「整える」の合わせて4記事を更新。

半年前の12月16日は

1000日継続マラソン、習慣化日次レビューの2記事を更新。

1記事目は、1000日継続マラソン記事

1年前は、自転車で走り始めると大量の涙が出てきて困っていたことを書いていました。

この現象はいつのまにか治っていたのですが、あとで調べたところドライアイが原因なのではなく、顔に浮いた皮脂汚れが化学変化することで、眼に刺激を与えていたものだと分かりました。

現在は、フェイスシートでこまめにきれいにするようにしています。

2記事目は、その日の習慣化日次レビュー記事

予定していた今週の仕事が早々と片付いたので、年末ということもあり、余った時間を利用して書類整理に着手。

元々書類は溜め込まないように定期的に整理していたのですが、それでも気づけば引き出し1段が埋まりそうなくらいまで増加していました。

この頃ちょうど読んでいた『仕事がサクサクはかどる コクヨのシンプル整理術』という本のなかに、「ファイルボックス1個に入る分しか書類は持たないと決めてしまう」というハックがあったので、早速これを実践してみることに。

やってみたら、進行中かつ使用頻度が高いものだけが手元に残り、ファイルボックス1個分には少し余裕があるくらいまで圧縮することができました。

ファイルボックスは中段の引き出しの手前に置いて、すぐに手を伸ばせるようにしました。

考えてみたら、仕事で使う書類はPCでつくってメールやファイルサーバーで受け渡してディスプレイで読むのですから、紙でとっておく意味があまりないのですよね。

そのために、ディスプレイ2台を使わせてもらっている理由ですし。

以来、このファイルボックス1個分を上限として、満杯になったら仕分けをするルールで、書類がたまらないようにしています。

ボディマネジメント

昨日

  • 22時58分就寝ー6時17分起床、熟睡
  • 食事コントロール:1日1食生活を継続
  • 自転車通勤:無し(この日までの6月出走日数:7日、月合計距離数:168km)
  • ランニング:8km(この日までの6月出走日数:10日、月合計距離数:35km)
  • 筋トレ:12分間ワークアウト+3分間バーベル
  • 体重:65.0kg

半年前

  • 22時33分就寝ー6時23分起床、熟睡
  • お弁当づくり:休日のため無し
  • 自転車通勤:冬季休止(この日までの12月出走日数:0日、月合計距離数:0km)
  • ランニング:8km(この日までの12月出走日数:9日、月合計距離数:42.5km)
  • 筋トレ:無し
  • 体重:68.4kg

気づきとこれから

昨日は

ぽっかりと午前中の時間が空いたので、これはチャンスと60分間走を実施。

普段の3kmランニングもいいけれど、本当はもっと走りたかったのだと実感しました。

半年前は

12月3度目の60分間走を実施。

小雨も降る中、足取りが重かったがなんとか走り切っていました。

ただし、運動量が増す一方で、体重は増加。

この頃はまだ食事コントロールをそれほど重視していなかったので、運動の効果を帳消しにしてしまっていたようです。

まとめ

現在の昼ランニングは、どうしても時間の制約があり、走れても20分ほどに限られてしまいます。

でも、60分間走をすることで、限界はもっと上にあることを体験を通じて理解しています。

できれば90分走ってみたいし、60分間走の機会をもっと増やしたい。

やるとしたら、ある程度時間の融通が利く早朝でしょう。

幸いなことに、夏に向かって朝陽が指す時間も早くなっていき、チャンスと言えばチャンスです。

問題は、睡眠時間。

睡眠時間を削って行うようでは、習慣として続きません。

そのバランスをどうとるかが、仕組みとして上手くいくかどうかにかかっています。