はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

一生ものだと思っていた辞書も進化という変化していたので断捨離[1日1捨 No.030]

家の中にあるもの・持ち歩くものを1日1つずつ手放して、生活をミニマルに近づけていく「1日1捨」。

今回が30回目です。

一生ものだと思っていた辞書も進化という変化していたので断捨離[1日1捨 No.030]

高校生〜浪人生〜大学生の頃に使った、国語辞典、漢和辞典、英和辞典、和英辞典、フランス語辞典、新六法の6冊。

当時は分からない言葉を調べようと思ったらまずこれを使ったし、一生使えるものだと思っていたから20年経った今まで持っていた。

しかし実際には、調べると言えば「検索」に取って代わった。

また、子どもが使う時期がきたら譲ろうと思っていたが、辞書だって20年分の進化を遂げていて、見やすさや使い勝手が大きく変化していた。

「変わらない一生ものは無い」とようやく理解したので断捨離。

今後は、耐用年数が長いものであっても、版を重ねていたら潔く手放すことにしよう。

世の中を彩る言葉の意味や背景を教えてくれて、ありがとうございました。

▼ひとつ前の1日1捨はこちら

「密かな趣味のイメージづくり」で集めたディアゴスティーニのクラシックアルバムCDを断捨離[1日1捨 No.029]

「1日1捨」「断捨離」「シンプルでミニマルな生活」のお手本にしている本