はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

つらい出勤を毎日の楽しみに変えたお弁当づくりの本を断捨離[1日1捨 No.028]

家の中にあるもの・持ち歩くものを1日1つずつ手放して、生活をミニマルに近づけていく「1日1捨」。

今回が28回目です。

つらい出勤を毎日の楽しみに変えたお弁当づくりの本を断捨離[1日1捨 No.028]

お弁当づくりを自分で行うようになったのは、4年ほど前のこと。

それまでは奥さんにつくってもらっていたが、下の子が小学校に上がるのを機に、朝の家事の負担を減らしたいと言われたのがきっかけ。

外食で間に合わせるよりは、自分でつくればいいかと考えたものだった。

初めは詰めるだけでもかなり時間がかかっていたが、そのうち、休日にまとめて作り置きを料理するまでに成長。

当時は会社で置かれた環境はつらいものがあったが、お弁当をつくる楽しみと、その自分でつくったお弁当を味わう楽しみを持つことでなんとか乗り切った。

お弁当づくりの本はすべて自分で買ったもので、気になるレシピをチェックしたり、お弁当づくりの「テーマ」を考える際に参考にした。

今年の初めまでの約4年間はお弁当づくりを楽しんできたが、現在はボディマネジメントを目的に「1日1食生活」にスタイルを変えたので断捨離。

今後は、お気に入りの本であっても、読み返すことが無くなったのであれば潔く手放すことにしよう。

仕事のつらかった時期をささやかな楽しみの時間に変えてくれて、ありがとうございました。

▼ひとつ前の1日1捨はこちら

青春時代の音楽とともにあったMDのディスクを断捨離[1日1捨 No.027]

「1日1捨」「断捨離」「シンプルでミニマルな生活」のお手本にしている本