はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

『無印良品とはじめるミニマリスト生活』byやまぐちせいこ ~「モジュール化」によるミニマムライフの実例集~[読書記録]

6月1冊目の本、『無印良品とはじめるミニマリスト生活』を読了したのでご紹介。

どんな本

  • ミニマリストであり、整理収納・ライフオーガナイザーでもあるやまぐちせいこさんが書いた本
  • 月間190万PVの実力ブログ「少ない物ですっきり暮らす」の主催者でもある
  • 前著『少ない物ですっきり暮らす 』が基本ルールとするならば、本作はそれを踏まえた実例カタログ集
  • 無印良品の商品活用を前提に、「ミニマリスト生活をはじめよう」「部屋づくり」「収納ルール」「クローゼット」「モノ選び」の5章で構成

読むきっかけ

  • 家族4人で2LDKに住む我が家、広いわけではないがどこかしらモノでごった返している
  • 一方で、モノはたくさんあるのに、家族の誰も満足に感じていない矛盾を常に抱えている
  • そんななか、妻から初めて「断捨離したい」という言葉が出てきて、まずは基本となる考え方や着眼点を学ぼうと動き始めた
  • まずは、『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』を読んで、考え方や着眼点を学んだ
  • 次に、家族4人で行えるミニマルライフのつくり方を知りたいと『少ない物ですっきり暮らす 』を読んだ
  • そして、もう少し具体例を知りたいと手にとったのが本作

読んだ感想

  • 次に引っ越しする時には、大量の荷物を運ぶうんざり感と大量に捨てる喪失感を味わいたくはないと思った
  • 愛着のあるモノ以外に、お金と手間と時間と気力をかけてきたのが我が家の現状であると理解した
  • デザインが好きとか曖昧なことではなく、無印良品のものは「モジュール化」されていることで①合わせやすい②変化に対応できる③家族と共有できる、というのは納得がいった
  • 1時間くらいでサクッと読めるくらいのボリュームだけど、自分に置き換えて読み返すたびにあらたな発見がある
  • ミニマリストだからこそ、モノを捨てるのは慎重な判断で行う

読んで、自分でもやってみようと思ったこと

  • 腰より低い高さの家具に置き換える
  • 「白」をベースに、「黒」「ウッド」の3色でまとめる
  • 収納にモノを詰め込まず、常に余白がある状態にする(6割モノ、4割余白)
  • テーブル、キッチンカウンターの上は作業台であり、モノの置き場にしない
  • 食器をはじめとして、普段使うものだけを家に置く。その分、品質の良いものを使う
  • 見た目キレイな収納ではなく、オープンな収納で「どこに何があり」「どこに戻せばいい」「それをワンアクションで行える」ようにする
  • モノをしまうために収納を買い足さない
  • モノを捨てる時には、一旦「保留」してから納得のうえで処分する
  • モノはメンテナンスによって長く使えるものであることを前提に選ぶ
  • 家電は「単機能」のものを選ぶ
  • 次の模様替えは、「スタッキングキャビネット」「ユニットシェルフ」「ラタンバスケット」「ワイヤーバスケット」「アクリルケース」の組み合わせで構成する
  • 服は制服化してワンシーズンで着倒す(タンスの肥やしにしない)

まとめ

どんどんモノを溜め込んできた我が家。

それにだんだんとストレスが溜まっていき、年末に我慢しきれなくなり有無を言わさず大掃除をするわたし。

でも、家族はすっきり感よりも「捨てられた」という感情が優先して不満を覚えるだけ。

それが、これまで我が家で繰り返されてきたことでした。

ルールや実例を前著と本作で学べたので、次は家族との合意とそれぞれの自律。

今まではその壁を超えることはできませんでしたが、これからは一緒に乗り越えられるような手応えを感じています。