はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

【月間まとめ】1日3記事から4記事にペースアップし、月間最多の108記事を記録した月でした[2018年5月号]

2018年5月まとめ記事として、1ヶ月で公開した記事を振り返り、ピックアップしたりカテゴリー分けをしてご紹介して行きます。

半年ほど1日3記事ペースをキープしてきましたが、日次の新連載をひとつ追加したことで1日4記事にペースアップ。

結果、月間の更新記事数としては過去最多となる108記事に到達しました。

内容的には、日課である「習慣化日次PDCA」「1000日継続マラソン」をコンスタントに更新することができたほか、「楽しむ生活術」や「読書記録」に関する記事が多めとなりました。

2018年5月の記事からピックアップ

まずは5月に公開した記事をいくつかピックアップしてご紹介します。

「1日1捨」をはじめました

普段持ち歩くもの、身の回りものはシンプルでありたいという願いがあります。

一方で、一つひとつのものに何かしらの物語があるこだわりのモノに囲まれたいとも考えるようになりました。

この2つは相反することではなく、「意図を持って選び抜いたモノ」だけを所有することで可能になると考えられます。

ならば、その反対に位置する「意図を持った所有ではないモノ」をどんどん手放していけば、「意図を持って選び抜いたモノ」だけが残るはず。

その手段として、断捨離でお馴染みの「1日1捨」を始めました。

目標としては、家に置く自分のものは1ジャンル3アイテムに絞った服と洗面道具だけにしたいと考えています。

「定点観測」記事が2巡目に入りました

ブログの安定更新を目的に、定期連載記事を増やす活動を今年1月に開始しました。

3ヶ月が経ち、定点観測の2巡目の時期になったものを今回更新。

定点観測の連載記事化は、生活全般のインデックス化も目的にしています。

また、定点観測していくことによって、何を・どんな理由で・どのような暮らし方にしているのか・どこを目指しているのかを明らかにする試みでもあります。

「ニンテンドースイッチ」を我が家に迎え入れたので、息子と貸出契約を締結

ゲーム機を欲しがる息子と、何かをきっかけに息子が自分自身で生活習慣を整えられるようになって欲しいという父親の思惑が一致。

誕生日でもクリスマスでもない時期に、ニンテンドースイッチを購入しました。

息子が自分で買うのではなくわたしが購入して所有者となり、遊びたいときに貸し出す形態をとりました。

息子と交わした契約のルールは6つ。

この半月は順調に運用できていますが、慣れが出てきた頃に見直しをする必要があるかなと考えています。

「読書記録」によるアウトプットを前提にしたことで、読書(インプット)も捗るように

1冊1記事のブックレビュー(書評)に代わる手段として、4月に始めたもの。

読書記録は記事フォーマットを固定とし、「どんな本か」「読むきっかけ」「読んだ感想」「読んで、自分でもやってみようと思ったこと」の4つだけを書くルールとしています。

「どんな本か」「読むきっかけ」は本を読む前に書き、「読んだ感想」「読んで、自分でもやってみようと思ったこと」は本を読み終えたらすぐに書く。

書くことのハードルをあえて下げることでアウトプットの頻度を高め、また、読んだことを読みっぱなしにせずに行動習慣として定着させることを目指しています。

2018年5月に書いた記事まとめ

ここからは、各記事をカテゴリーごとに並べ直したものをご紹介します。(一部再掲)

楽しむ手帳術

楽しむ仕事術

楽しむ生活術

商品レビュー(読書記録含む)

1日1捨

WeeklyMagazine

習慣化週次レビュー

習慣化日次PDCA

1000日継続マラソン

あとがき

記事数は過去最多となったのですが、メインカテゴリーである「楽しむ手帳術」「楽しむ仕事術」が少なめでした。

手帳は仕事以外で使う用途として小さめのシステム手帳を検討しているところなので、6月に購入したらレビュー記事を書きたいと思います。

現在、フロー状態に入っています。

フロー状態にあるからこそ、1日3記事を4記事にペースアップしてもラクに楽しく行えますし、同時に運動習慣や食事コントロールを思うように実行できる状況になってきているのを感じています。

毎日のブログ更新が生活の起点となっていると言っても過言ではないので、行けるところまでこのペースをキープしてみたいと考えています。