はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

「増やす>減らす」を「増やす<減らす」にしてから、「増やす=減らす」とする

モノが多いと言う時でも、捨てたりして手放しているモノもあるので、式にすると「増やす>減らす」となります。

減らす行為よりも増やす行為が上回っている状態です。

「増やす>減らす」の現状を認識する

モノが勝手に「増やす>減らす」となっているわけではありませんから、無意識の行為であれ、それを行っているのは自分自身です。

モノを少なくしてスッキリしたければ、この不等号の向きを逆にすればいい。

「増やす>減らす」を「増やす<減らす」とするのです。

「増やす<減らす」の仕組みと習慣

ただし、これまで無意識のうちに「増やす>減らす」としていたわけですから、「増やす<減らす」とするのは仕組みに基づく意識的な行為が必要です。

わたしの場合、そのための仕組みが「1日1捨」であり、それをブログで公開するというものになります。

▶「1日1捨」の記事一覧 - はたらく・暮らす・整える

記事にして公開することをトリガーに、毎日何かを手放すという行いが半自動的に行われるというわけです。

「1日1捨」は2ケタ台に入り、「手放すことへの心理的ハードルが低くなってくる=不等号の向きが逆転する」のを感じています。

「増やす<減らす」が目標を達成したら、「増やす=減らす」へ

「増やす<減らす」で1ジャンル1アイテムまで絞り込めたら、あとは不等号を等号にします。

「増やす<減らす」から、「増やす=減らす」ですね。

これはシンプルに、1つ増やしたら1つ減らすという行為を日常的に仕込めば可能になるでしょう。

まとめ

現在の「1日1捨」の目標は、家に置く自分のモノを服と本、洗面道具だけに絞ることです。

初めは無謀かなと思っていたのですが、「1日1捨」を続ける中で実現できそうな手応えを感じています。

「増やす>減らす」を「増やす<減らす」にしてから、「増やす=減らす」とする。

どこまで行けるか、そしてその時絞り込んだどんなモノに囲まれているのか、今からとてもワクワクしています。