はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

毎日運動したからと言って、すぐに体重が減るわけではないけれど[楽しむ生活術]

今月からスタートした自転車通勤習慣。

自宅から会社までの片道14kmを、通勤時を利用してサイクリングしています。

雨の中は走らないので日によっては片道だけの日もありますが、それでも何とか続いています。

朝晩の自転車通勤と並行して、平日昼休憩時のランニングと休日ランニングも実施。

これは、週に4~5日くらいは出走できるようになってきました。

毎日運動したからと言って、すぐに体重が減るわけではないけれど

一方で、運動習慣の目的であるダイエット効果についてですが、劇的に変化するということはなく緩やかに体重が減ったり、時には増えたり。

見える成果が出てこないとモチベーションは下がりやすいものですが、今のところさほど気にはしていません。

これまでのダイエットの取り組みから、「成果は遅れてやってくる」ことを経験的に知っているからです。

早くても週単位、大体は月単位でようやく目に見える成果となる。

ならば、まだ成果の出ていない今は「仕込みの時期」と考えればいい。

楽しみはあとからやってきます。

まとめ

体重とは別に、体脂肪率を先行指標として見ています。

徐々に体脂肪率が下がりつつあるので、このまま自転車通勤習慣を続けていれば、体重にも変化が出てくるのは間違いないでしょう。

身体の細胞が入れ替わるには3ヶ月かかるとも言われていますから、今の努力が成果になるのは7月頃。

短期の瞬間風速的な結果ではなく、中期の変化と成長を楽しみに待ちたいと思います。