はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

[モノ選び]革製キーケース3種、購入「前」比較レビュー

今月から、モノ選びの感覚を鍛えるために、「商品レビュー」を強化していこうと考えています。

商品レビューは通常は購入後に書くものですが、どういう前提条件で・どんな選択肢からそれを選んだのかを記録に残したいと考えましたので、購入「前」の比較レビューというものをやってみたいと思います。

最初のジャンルは、「キーケース」です。

キーケースを求める背景と条件

家のカギなどをまとめるものとして、これまではLEDライトの付いた金属製のキーホルダーを使ってきました。

もう7~8年不便なく使ってきたのですが、カギがむき出しなのでポケットに入れておくと歩く度にカチャカチャと音がすることと、ポケットの内布を傷めることが気になっていました。

そこで、カギを包んで収納するタイプのキーケースを入手することに。

ここでキーケースに求める条件は次の3つ。

  • カギを3~4本収納できること
  • 包んで収納し、使用時はカギを取り出しやすいこと
  • 愛着を持って携帯できるように、経年変化を楽しめる革製であること

早速候補をピックアップしてみました。

1:標準的なキーケース

  • カギを6本まで収納可能
  • 革の表面積が広いので、経年変化を楽しめる
  • ただし、12×8×3cmとサイズ感が大きいので、これまで通りにズボンのポケットに入れるのは無理そう(カバンが必要)

2:スマートキーケース

  • 候補1が大きすぎるので次に見つけたのが、車のスマートキー用のケース
  • 標準的なキーケースよりは一回り小さいサイズ
  • ただし、スマートキー専用なので、カギ1つしか取り付けられない

3:コンパクトタイプ

  • ポケットに入る大きさ重視で見つけたのがこのコンパクトタイプで、7.6×3×1.6cm
  • 外側がコンパクトになった分、収納できるカギは3本まで
  • 表面積が小さくなった分、候補1や2に比べれば革の経年変化を感じにくいかも

まとめ

機能性で言えば1、携帯性で言えば3のポイントが高いでしょうか。

革の質感も判断理由にしたいので実物を触ってみたいところですが、生活圏内では売っているところを見たことが無いので、ここはあえて購入後のレビューに譲りたいと思います。

あとは、それぞれの商品が何色かラインナップを取り揃えているので、どれを選ぶかにもよって判断が分かれそうです。

経年変化を楽しむことが目的なら、ここはやはりヌメ側でしょうか?

今週中には決めて、4月中に購入レビューまで行えるようにしたいと思います。