はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

同じテーマ・同じフォーマットで毎日ブログ更新する意味

習慣化日次PDCA 」を更新して、先日で90日目になりました。

その前身の習慣化日次レビューは190回更新しましたし、別に連載継続している「1000日継続マラソン 」も今日で160日目になります。

共通しているのは、

  • 同じテーマについて書くこと
  • 同じフォーマットを使うこと
  • 原則として毎日更新すること

の3つのルールです。

同じテーマ・同じフォーマットで毎日ブログ更新する意味

この3つのルールのもとで書くので、自ずと似たような内容の記事になります。

共通テーマは「習慣化・仕組み化による日常生活のブラッシュアップ」ですが、そんなに毎日新しいネタは出てきません。

ですが、同じテーマについて繰り返し考えて仮説を立て、実践して検証をするので、少しずつですがあらたな気付きが生まれます。

書くことに苦労する日も当然ありますが、無理にでも毎日ひねり出していますから、気づきが無いという日はありません。

  • アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない
  • 既存の要素を新しい組み合わせに導く才能は、物事の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい

これはアメリカの実業家ジェームズ・ウェブ・ヤングが『アイデアのつくり方』に記した言葉です。

四半世紀に及ぶベストセラーで、多くの発想術の基礎となっているので、どこかでは耳にしたことがあるかもしれませんね。

『アイデアのつくり方』では、アイデアを生み出すステップは次のように定義されています

  1. アイデアを生み出すための材料をたくさん集める
  2. 考える
  3. 寝かせる
  4. ひらめく
  5. 実行する

同じテーマ・同じフォーマットで毎日ブログ更新する行為と言うのは、この5つのステップを毎日繰り返すことになります。

つまり、同じようなことをしているようでいて、実は毎日アイデア生産のトレーニングを実践し、新しいアイデアを生み出しているということになります。

まとめ

同じテーマ・同じフォーマットで毎日更新していると、「アイデア生産の思考のフレームワーク」が頭の中に出来上がってきます。

そうすると、別のテーマのブログ記事や仕事面でもこのフレームワークをつかって、「既存の要素の新しい組み合わせ」でアイデアの素となる気づきがたくさん生まれやすくなるように。

同時に、成果物としてアウトプットするスピードも高まってきます。

「習慣化日次PDCA」は今年のうちに360日更新することを目標にしています。

「1000日継続マラソン」のゴールは、2020年の東京オリンピック開幕です。

それらゴールに辿り着いた時に、「アイデア生産の思考のフレームワーク」がどこまで自分の中でどこまで進化するか、今からとても楽しみです。

▼アイデアはセンスや才能にも影響されますが、「育てる」ことができます