はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

朝の習慣トリガー6つ[楽しむ生活術]

朝は眠気など誘惑が多いもの。

一方で、朝の習慣をこなしていくと、1日を気持ちよくスタートが切れるのも事実。

我慢して頑張らなくても、誘惑に打ち勝ちつつ、良い習慣をこなしていくには「習慣トリガー」の力を借りるのが一番。

そんな朝の習慣トリガーを集めてみました。

目覚ましが鳴ったら、今日の習慣プランをツイートする

  • スマホの目覚ましアラームが鳴ったら、真っ先にTwitterの投稿画面を開く
  • その日の習慣をプランニングして、箇条書きにしたものをツイート
  • プランを考えること、指先を動かすことで、自然と頭を目覚めさせる効果が
  • このツイートはその日に何度かに分けて書くブログ記事に取り込むので、自然と目に何度も入ることになりリマインダーとしての効果も

バスに乗ったら、SNSを見る前にブログ下書きを開始

  • バスに乗ったら、ブログアプリの下書き画面を開く
  • 記事フォーマットを決めている「習慣化日次PDCA」に先ほどの習慣プランのツイートを取り込む
  • そのままの流れで、睡眠などのログや気づきを下書きに追記
  • ブログ更新は書き始めに一番パワーを必要とするが、これならローパワーでスタートを切れる
  • ブログ記事の下書きをしたら、SNSを見たり読書してもOK

会社の事務室に着いたら、筋トレ開始

  • 朝7時の事務室は自分以外おらず、独占状態
  • 加湿器やポットをセットしたら、席には座らずスマホの運動アプリを起動
  • スクワットなど12分間のワークアウトを実施したら、ようやく着席

筋トレしたら、プロテインと完全無欠コーヒーを飲む

  • 着席後のPC起動中に、朝食代わりのプロテインを準備
  • プロテインを飲んだら、完全無欠コーヒーを準備
  • この2つを飲むと、炭水化物や甘いものへの欲求がフッと消えていきます

プロテインと完全無欠コーヒーを飲んだら、ライフログノートを記録

  • 飲んだらすぐにライフログノートを開いて、前夜と朝のログを記録
  • 手書きで文字を書いていると、徐々に仕事モードへとスイッチング
  • 前のページが自然と目に入り、前日の気づきを再確認する効果も

ライフログノートを記録したら、今日のタスクリストを書き出す

  • ライフログノートを書き終えたら、仕事用のシステム手帳を取り出す
  • PC Outlookの予定表を見ながら、その日のゴールとタスクをシステム手帳1ページに箇条書き
  • 1ページ書き終える頃には、その日の行動予定が脳にピシッとセットされます

まとめ

「~したら~する」。

これを自分の中につくっておくと、迷いや気力を無視して、半自動的に良い習慣を実行することが出来ます。

さらに、習慣トリガーを別の習慣トリガーへと数珠つなぎにすると、より一層効果的に。

機械的にやったとしても、良い習慣であればしっかりと爽快感があります。

半自動的に行えるようになるまでは、1ヶ月から3ヶ月ほど。

そのくらいの試行期間があれば、意識せずとも「~したら~する」が行えるようになった自分に気づくようになるでしょう。

最近はやっていませんが、以前は「起きたら着替える前に、お弁当づくり(詰めるだけ)」をトリガー習慣としていました。

そろそろ暖かくなってきたので、「スーツに着替えたら、自転車通勤スタート」を朝の習慣に加えようと思っています。

あなたなら、何をトリガーとして、どんな良い習慣を組み合わせますか?