はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

睡眠はほかの良い習慣の基礎であり、ほかの良い習慣が良い睡眠を生む【 #1000日継続マラソン 148日目】

過去の自分を振り返りつつ、1,000日後の自分をかたちづくっていく取り組みの148日目です。

*タイトルの「#1000日継続マラソン」は、途中で歩いたり立ち止まったりしても、最後までゴールを目指すことをイメージしています

▼1000日継続へのチャレンジのきっかけはこちら

ブログ更新

昨日(2018/3/24)更新した記事

半年前(2017/9/24)に更新した記事

気づきとこれから

昨日は、デイリー連載の2記事のみ更新。

春を迎えて再開した、息子の自転車練習から気づいたことを書いてみました。

半年前の9月24日は、その日の習慣化レビューを書いていました。

「休日朝も平日並みに早起きした方が、週明けの負担が少ない」という仮説を立てて検証開始。

ただ、休日は疲れを癒す日でもある。

ならば、休日の疲れは昼寝で調整すれば良いと思い立って行ったものです。

ただし、昼寝は30分程度に抑えるのがポイント。

それ以上は、むしろ寝起きがきつくなるようです。

ボディマネジメント

昨日

  • 22時34分就寝ー7時0分起床、浅い眠り
  • 食事コントロール:1日1食生活は一時お休み
  • ランニング:2.5km(この日までの3月出走日数:16日、月合計距離数:39.5km)
  • 筋トレ:12分間ワークアウト
  • 体重:66.2kg

半年前

  • 22時6分就寝ー4時55分起床、熟睡
  • お弁当づくり:休日のため無し
  • 自転車通勤:なし(この日までの9月出走日数:2日、月合計距離数:56km)
  • ランニング:3km(この日までの9月出走日数:2日、月合計距離数:5km)
  • 筋トレ:なし
  • 体重:71kg

気づきとこれから

昨日は、8時間半の睡眠時間をとれたものの、眠りが浅くて寝起きからやや疲れを感じていました。

半年前は、運動習慣を再開したことで、睡眠の質が良くなってきていました。

しっかり身体を疲れさせたほうがよく眠れるので、むしろ回復が早くなるようです。

まとめ

ダイエットに次ぐ近々の課題は、「睡眠の質改善」。

半年前の習慣化レビューを見ると、この頃も睡眠コントロールに関心があったようです。

睡眠をうまくコントロールできると、ほかの習慣もうまく回る傾向があります。

反対から見ると、日中の活動を良い習慣で送ると、睡眠時間が確保できて、寝つき・深さが良くなります。