はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

毎日の通勤に!つるんとしたフォルムがスーツに合うビジネスリュック「クラスデン3/Spigen(シュピゲン)」

手ぶらが好きです。

ラフな格好の時でも、仕事のスーツ姿でも。

手が空いてさえいれば、そこになんでもつかめそうな感触があるのがいい。

以前はオーソドックスなブリーフケースにショルダーストラップをつけて肩から斜めがけしていましたが、左右のバランスが異なるのがいつも気になっていました。

おまけにお弁当箱を入れたり、タブレットやBluetoothキーボードをブログ用に持ち歩くこともあるので、ブリーフケースだとパッツンパッツンになってしまいます。

これはいかんだろうと、「両手がフリー」「それなりの容量がある」「スーツ姿にもそこそこ合う」の3つを条件に探したところ、出会ったのがモバイルアクセサリーブランドSpigen(シュピゲン)のバックパック『クラスデン3』。

使い始めてもう3年になりますが、使い心地はまったく損なわれていません。

それでは早速ご紹介しましょう。

毎日の通勤に!つるんとしたフォルムがスーツに合うビジネスリュック「クラスデン3/Spigen(シュピゲン)」

外観(外側)

アウトドア用にたくさん付いているようなストラップは、最低限に絞られています

耐久性に優れているというプレミアムナイロンが使われており、細かな凹凸の素材でザラザラとサラサラの間くらいの手触りです

ツルツルしていないので光を反射せず、テカテカしない落ち着いた色合いをしています。

右サイド。肩ベルトから繋がる腰の位置にポケットがあり、スマホがちょうど収まる大きさになっています

ポケットのファスナーに赤い差し色が使われています。

左サイドも同じつくり。右サイドのポケットには通勤時に使うイヤホンを、左サイドのポケットには会社の入館証を入れています

背中にあたるところには、メッシュ素材のクッションがあります

しっかりした肩ベルトと相まって、それなりの荷物を入れてもうまく荷重を分散してくれます。

エルゴノミクスデザインが採用されており、長い時間たっぷりと荷物を持ち歩く時でもそんなに疲れません。

また、肩ベルトは肩側が狭くて腰側が広くなるようカーブを描いているので、わたしのようななで肩でもずり落ちません。

背中にあたるところと同様に、肩ベルトもメッシュ素材が使われているので、幅広のベルトながら蒸れることもありません。

内側(収納)

荷室は縦に広く、普段は折りたたみ傘、ライフログノートを入れています

これにお弁当箱やシステム手帳が加わることもありますが、それでも上部にはまだまだ余裕があります。

表側に近いほうにはポケットが縦に3つあり、下のポケットにはモバイルバッテリーを、上のポケットには会社の携帯電話や名刺、文房具などを入れています。

上下のポケットの間には、ファスナーの付いたメッシュポケットもあります。

背中側には大きなポケットがあり、柔らかな毛並みの素材が使われています。ノートPCなどのデジタルガジェットを入れても傷つく心配がありません

普段はブログ更新用のBluetoothキーボードとスマホ折りたたみスタンドを入れています。もう一つ重なるようにポケットがあるので、仕事用のノートPCもしくはiPad miniを追加で入れることも可能です。

外側にもポケットがありますが狭いので、頻繁には使わないお薬手帳なんかを入れています

Spigenの製品紹介ではこのポケットはタブレット用と説明されていますが、iPad miniサイズにケースを付けている場合は、日常的に出し入れするのは厳しいかと思います。

トップにもポケットがありますが、やはりここも狭いので、ポケットティッシュやフェイシャルシートなどの厚みのないものを入れています

う〜んなところ

1.防水機能がない

少しぐらいの雨は弾いてくれますが、防水ではありません。

通勤では当然雨の日もあるので、防水機能は欲しかった。

2.収納は縦に長いので、下の物が取り出しにくい

縦長のスマートなフォルムはスーツ姿にも似合うのですが、その分荷物を積み重ねることになります。

サイドのファスナーが下部からも開けられて横から荷物が取り出せたら嬉しいですね。

う〜んなところとしてはこの2点が挙げられますが、逆に言えば、この2点くらいしかう〜んなところはありません。

まとめ

使い始めて1年くらい経ちますが、普段の通勤はもとより、荷物の増える出張でも十分に活躍してくれます。

大容量でありながらすっきりしたかたちで、スーツ姿にも似合うような凹凸の少ないフォルムのものはそう多くはないと思うので、通勤用のビジネスリュックを探しているかたはぜひ。

使い心地は非常に快適です。

ただし、この商品はすでに販売を終了しています。

後継商品は撥水コーティングが施されているとのことなので、いま使っているリュックが使えなくなったら、次はこれを購入したいと考えています。