はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

アナログノート+モバイルバッテリー+USBメモリーのシステム手帳「ELENOA」[商品レビュー]

昨年12月にクラウドファンディングで、「ありそうでなかったプロダクト」としてプロジェクトを支援したハイブリッド手帳「ELENOA」。

リターンの商品が手元に届きましたので、まずはファーストインプレッションでレビューしていきます。

バインダー表紙(外側)

  • ダーク系と明るいブラウンの2色の木目調が落ち着きとシャープな印象を与えてくれます
  • 左上に同色で「ELENOA」のロゴが控えめに刻印されています
  • しっかりとした芯が入っているのですが、表面はクッションのある素材が使われています
  • 手触りは、しっとりとさらさらの中間くらいです
  • 見た目と手にした時の質感が良く、保有欲を満たしてくれます

バインダー表紙(内側)

  • 横向きにスリットが4つ。カードや予備の名刺を入れておくのに良さそうです
  • 縦方向にも大きめのスリットが2つ。A4資料を折って入れるのは厳しそうですが、飛行機のチケットやレシートを挟んでおくにはちょうど良さそうです

バインダー裏表紙(外側)

  • こちらは、ダーク系1色で
  • 内部にモバイルバッテリーが埋め込まれているので、おもて表紙の3倍くらいの厚みがあります
  • バッテリー容量は、10000mAh

バインダー裏表紙(内側)

  • 3種類のモバイルバッテリーケーブルがつながっていて、それぞれ専用のくぼみに収まっています
  • 左から順に、バッテリー充電用のUSBケーブル、MicroUSBケーブル、Lightningケーブル
  • ケーブルの長さは10cm
  • 右下にチャージスイッチとインジケータがあり、ケーブルにつないでチャージスイッチを押すと給電が開始され、インジケータが電池残量を表示します
  • ペン挿しがありますが、可変ではないので細軸のペンしか入りません(ここはちょっと残念)

留め具(USBメモリ)

  • 表紙の留め具はマグネット式になっていて、パチンと留まります
  • 留め具を外してから先端を引き抜くと、USBメモリとして使えます
  • USBメモリは8/16/32GBの3タイプが用意されていて、わたしは8GBにしました

リングとリフィル

  • リング経は19mmなので、収用できるリフィル枚数は140枚までが目安
  • あらかじめ100枚のノートリフィルがセットされています(軽くするため、常時挟んでおくのは30枚程度にしようと考えています)
  • 付属のリフィルの右上には天気や曜日のマークがあって良さげなのですが、こちらは残念ながら国内での発売はしていないそうです(市販のA5サイズ6穴リフィルなら、どのメーカーのものでも使えます)
  • システム手帳につきもののリフターやインデックスは付属していないので、必要に応じて別途購入しましょう
  • 使い始めはどうしても左ページの高さが低くなるので、下敷き代わりにiPad miniを挟み込んで高さ調整しようと考えています

まとめ

アナログノート+モバイルバッテリー+USBメモリーのシステム手帳「ELENOA」のファーストインプレッションをご紹介しました。

思ったより厚みと重さがありましたが、それが重厚感と使用時の安定性につながっています。

来月2月から1ヶ月程度使用したら、あらためて使用感のレポートをお届けします。