はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

iPhoneだけで快適にブログを更新する環境[2018.01版]

家のPCを手放し、タブレットも自分専用を家族用に回したことで、ブログ更新環境がiPhoneだけになって4ヶ月ほどが経ちました。

今では以前どのように更新していたのかを忘れるほど、普通にiPhone1台で毎日のブログ更新を行っています。

ただ、PCが無くてもiPhone1台でスムーズに更新できるようになったのは、それなりに執筆環境を整えてきたから。

iPhone1台だけで書くメリットとあわせてご紹介します。

iPhone1台だけでブログを更新するメリット

  • 思いついた時に書けるので、あとで書こうと思って忘れることがない
  • 思いついた時に書けるので、更新頻度が自然と上がる
  • 座って書けるのはもちろん、立っていても(例えば電車の中)、寝っ転がっていても(例えばベッドの中)、好きなシチュエーションで好きなように書ける
  • 荷物を少なくできる
  • アレがないと書けない、が無い
  • スマホで書くから、自然とスマホで読みやすい文章量と文字のかたまりになる

などなど。

デメリットも挙げてみようかと思ったのですが、「ちょくちょく使うからバッテリーの減りが早くなる」くらいしか心当たりがありませんでした。

iPhoneだけで快適にブログを更新する環境

ブログアプリ&Markdown記法

はてなブログ用のiOSアプリを使います。

はてなブログ
はてなブログ
無料
posted with アプリーチ

ほかのブログサービスでもスマホアプリはあると思うのですが、はてなブログを選んだ理由のひとつは、Markdown記法が使えるから。

通常は、日本語の文章をHTMLタグを入力しますが、文字数の多いタグはいちいち入力するのが手間ですし、文章の後ろにタグを付けるのを忘れてしまって記事を公開してから間違いを修正することも。

Markdown記法ならば、見出しを「###」、引用を「>」で始めるだけなので、書くのがラクですし、タグを閉じるのを忘れてしまうこともありません。

Twitterからのツイート挿入も、はてなブログアプリで行っています。

ブロガー専用ブラウザー「SLPLORER(するぷろーら) X」

普通にWebページを見たり検索したりできるWebブラウザーなのですが、開いているページのリンクなどを簡単に作成することができます。

するぷろーら X
するぷろーら X
開発元:Gachatech
¥720
posted with アプリーチ

複数のWebページを開いていると、まとめてリンクタグをリスト形式で作成できるのですが、この機能があることで記事作成にかかる手間が大幅に減りました。

また、リンクタグを作成したあと、アプリを閉じたり開いたりせずにダイレクトにブログエディターへ遷移することができるのですが、とても地味なこの機能も、毎日の記事作成をラクにしてくれています。(大概のエディターとは連携できます)

さらに、リンクタグ作成機能はカスタマイズすることもできるので、関連記事をCSSで装飾したい時に使っています。

Evernote

iPadを併用してブログ更新していた時からの流れで、はてなブログアプリとは別に、Evernoteも使っています。

仕上げと投稿は、はてなブログアプリを使うのですが、記事ネタのメモや荒い下書きはEvernoteで行います。

Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶
Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶
開発元:Evernote
無料
posted with アプリーチ

いちいち保存の操作をしなくても、「保存しないで閉じちゃった」ということが起こらないので、思いついた時にぱっと開いてサッとメモするのに便利です。

イメージ画像も一緒に保存しておけるのもいいですね。

ほかのテキストエディタも色々と試しましたが、結局はEvernoteに戻ってきています。

HTMLタグの単語登録

前述したとおり、タグは基本Markdownで記述します。

ただ時折り、HTMLタグを併用することもあるので、あらかじめiPhoneに単語登録しておき、打ち間違いなどが起こらないようにしています。

「フリック入力のみ」に設定

iPhoneでブログ更新をしようと決めた時に、最初にやったのがこれです。

それまではガラケーのような入力の仕方しかできなかったので文章作成に時間がかかっていたのですが、強制的にフリック入力しかできないようにしてから、ずいぶんとスピードアップできるようになりました。

音声入力

校正は必要ですが、しゃべった内容がそのままテキストになるのはとてもラクだし早いです。

ただし、他の人がいるところでは気兼ねするので、結構場所を選びます。

Bluetooth接続のキーボード

元々はiPad用に購入したものなのですが、iPadを手放したあともiPhoneとつなげて使っています。

スマホで読まれる割合が8割以上なので長文を書くことはあまりないのですが、カフェでブログを書く場合などは立てかけたiPhoneの前に置いてキーボードから入力しています。

記事投稿したらSNSへ

はてなブログで記事を投稿したら、IFTTTの設定で自動的にTwitterとFacebookページに流れるようにしています。

また、同時にBufferへも送り、時間差でツイートするようにもしています。

まとめ

モバイルでブログを更新するスタイルを「モブログ」と言いますが、もう今となってはモブログ以外は考えられません。

モブログにすることで、寝起きのベッドの中でも、通勤のバスあるいは電車の中、立ち寄ったカフェ、床屋や病院の待ち時間など、いつでもどこでもどんな時でもブログを書くことができます。

自由に自分の考えをアウトプットできるのがブログの良いところですが、モブログはその自由をより一層広げてくれます。

これからブログを始める人にも、モブログから始めることをおすすめします。

▼わたしにとっての「ブログの教科書」はこちら