はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

2018年は具体的な目標や計画を固定するよりも、流れに任せつつチャンスには即行動するイメージで

昨年の正月は、「やりたいこと」や「なりたい姿」58個を手帳に書き出して、時折それを読み返しながら目標達成を目指してきました。

仕掛かり中のものも含めると、ランニングの習慣化やブログ更新記事数アップなど、達成したのは1/6くらい。

半数にも達していませんが、リストには5年、10年かけてなるものも含まれているので、結構できたかなと自負しています。

基礎はしっかり固めつつも、あえて流れに身を任せてみる

今年もこのリストを更新することから始めようかと思ったのですが、

  • 「規則正しく暮らす」
  • 「人には誠実に対応する」
  • 「目標達成を念頭に丁寧な仕事をする」

など、当たり前のことを一層徹底したいという思いが。

また、目標は計画的に進めたとしても思いがけない出会いからチャンスを得られることも実際には多く、計画だけに固執していると、そのチャンスを見過ごしてしまいがちです。

このことから、2018年はベースをしっかりとつくりつつ、目と心を大きく開いて流れに乗り、潮目の変化を感じたら即座に行動を開始する、そんなような1年にしたいと考えています。

あとがき

とここまではイメージできたのですが、じゃあ日々どうするのかというと、そこまでまだ具体化できていません。

こうして記事にまとめながら、徐々に思考を深めていきたいと思います。