はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

【iOS】場所を指定して「◯◯に着いたら」「△△を離れたら」通知(リマインド)を自動で出す方法

目の前のことに集中するには、後でもよいことを最適なタイミングまで先送りします。

ただし、先送りしたタイミングを頭で覚えておこうとするとそれ自体がノイズとなり、脳のメモリーを消費してしまいます。

そこで役立つのが「リマインダー」。

「何日の何時何分」「毎週水曜日の何時」と日時で設定するのが一般的ですが、「◯◯に着いたら」「△△を離れたら」と場所をキーにリマインドして欲しいことも。

今回は、「場所」をトリガーとするリマインドの方法をご紹介します。

使用するのはiOS標準アプリの「リマインダー」

一度iPhoneから消してしまっていたのですが、場所をトリガーとするリマインド機能があることをきっかけに再インストールしました。

App Storeで「リマインダー」を検索すると表示されるので、雲形のマークをタップすれば再び使えるようになります。

「◯◯に着いたら」「△△を離れたら」リマインドを設定する手順

タスクを追加したら、その右側のiマークをタップします。

「指定場所で通知」をオンにして、「場所」をタップします

検索窓に住所や場所名を入力すると候補が表示されますので、これをタップします。

表示された地図で場所を確認し、「到着時」「出発時」を選択して左上の「詳細」をタップすれば、「◯◯に着いたら」「△△を離れたら」が保存されます。

最初に追加したタスクの下に場所が追加されていれば、設定完了です。

あとは、「◯◯に着いたら」「△△を離れたら」のタイミングで通知が表示されます。

まとめ

わたしの場合は、「家に着いたら◯◯する」「□□の店に着いたら買い物メモを見る」「会社に着いたら朝一で××する」「◯◯に寄ったら隣の△△にも行く」のようなケースで使っています。

場所の認識は割りと精度が高いので、し忘れてしまうことはあまりありません。

ただし、リマインドしたいことの大半を占める「日時」をトリガーとするものはEvernoteで管理しています。

Evernoteのリマインドなら、通知だけではなくメモをすぐに開くこともできます。

場所をトリガーとするものだけ標準アプリを使っているので、ここを一本化したい。

ぜひ、Evernoteさんには頑張っていただいて、場所をトリガーとするリマインド機能を実装してもらいたいと考えています。

よろしくお願いします!