はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

【Excel】グラフや表をパワーポイントに挿入する際は、図(画像データ)として貼り付ける[楽しむ仕事術]

誰もがよく使うExcel。なのに、意外と知られていない便利な小技を連載で紹介。

知らなくてもExcelは使えますが、覚えて使えば効率性はぐーんと上がります。

今回は、グラフや表をパワーポイントに挿入する際に表示崩れを起こさない方法をご紹介します。

【Excel】グラフや表をパワーポイントに挿入する際は、図(画像データ)として貼り付ける

企画書やプレゼン資料に具体性を持たせるため、定量情報をあらわすグラフや表は欠かせません。

ですが、Excelからグラフ・表をコピーしてそのままパワーポイントに貼り付けると、意図しないカタチに表示が崩れてしまいます。

これは、コピー元のExcel上のデザインではなく、コピー先のパワーポイントのデザインが適用されてしまうためです。

同じMS Office製品なのですから、そこは上手くやって欲しいと思うのですけどね。

この表示崩れを回避する方法として、パワーポイントに貼り付ける際に、右クリック→[貼り付けのオプション]-[図]を選択します。

図(画像データ)として貼り付ければ、コピー元のデザインを保持したまま貼り付けることができます。

ただし、Excelの埋め込みではないので、パワーポイント上で直接Excelを開いて編集ということはできなくなります。

グラフや表はExcel原本を更新するとルール決めしておけば、問題ないでしょう。

あとがき

数あるExcel本のなかから、やってみてこれは続けようと思ったものを厳選してお伝えしていきます。