はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

【Excel】スケジュール表の曜日の表示は、書式設定で「aaa」にする[楽しむ仕事術]

誰もがよく使うExcel。なのに、意外と知られていない便利な小技を連載で紹介。

知らなくてもExcelは使えますが、覚えて使えば効率性はぐーんと上がります。

今回は、プロジェクトなどで良く使うスケジュール表(工程表)で、日付に対して「曜日」を自動的に表示する方法をご紹介します。

【Excel】スケジュール表の曜日の表示は、書式設定で「aaa」にする

スケジュール表に日付(月・日)は欠かせません。

一方で、定例会など定期のものは日付よりも曜日のほうがしっくり来る場合もあります。

日付だけならそのセルの「書式設定」を[表示形式]-[日付]にすればいいだけですが、[日付]には曜日の表示形式が用意されていません。

そんな時はどうするか?

[表示形式]-[日付]ではなく、[表示形式]-[ユーザー定義]を使います。

ここに、「yyyy/mm/dd(aaa)」のように直接入力します。

yyyyは西暦4桁で、下2桁だけでいいならyyとします。

同様に、mmは月、ddは日にちとなります。

残るaaaが曜日というわけです。

上記のような「yyyy/mm/dd(aaa)」ならば、年月日の数値入力だけで「2017/11/09(木)」のように曜日付きで自動表示されます。

曜日をいちいち手打ちする必要はありません。

月を別行で表示している場合、「dd(aaa)」(例:25(金))とすることが多いかもしれませんね。

なお、aaaだと火、水のような表示形式ですが、aaaaとすれば火曜日、水曜日のような形式で表示されます。

あとがき

数あるExcel本のなかから、やってみてこれは続けようと思ったものを厳選してお伝えしていきます。