はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

IFTTTを使ってブログ更新情報を自動的にFacebookページに投稿する方法

作業手順のシェア。

ブログの更新情報をFacebookに流す場合、通常はブログ記事に設置しているSNSボタンから手動で投稿します。

ですが、ここには3つの問題があります。

  1. 投稿完了までの手順が多い
  2. ブログのFacebookページではなく、誤って自分の個人ページに投稿してしまう
  3. 投稿を忘れてしまう

この3つの問題をクリアする方法として、IFTTTを使った自動化手順をご紹介します。

IFTTTとは

IFTTT
IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

IFTTTとは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス同士で連携することができるWebサービスである。

引用元:IFTTTとは - Google 検索

あるWebサービス(もしくはアプリ)で処理を実行すると、別のWebサービス(アプリ)に自動的に伝えられて目的のアクションが実行される、というものです。

上記で「レシピ」と紹介されているのがその「あるWebサービスで○○が実行されたら、別のWebサービスで××が実行される」を表した組み合わせで、現在は名前を変えて「アプレット」と呼ばれています。

ブログを更新したらFacebookページに投稿されるアプレットの設定手順

スマホアプリのIFTTTを使う手順で説明します。

IFTTTのほかに、Facebookページのアプリも使うので準備しておいてください。

Facebookページマネージャ
Facebookページマネージャ
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted with アプリーチ

IFTTTで「My Applets」を開き、右上の「+」をタップします。

「this」をタップします。

「RSS」を検索し、「RSS feed」が表示されたらこれを選択します。

「New feed item」をタップします。

自分のブログのURL+「rss」もしくは「feed」を入力し、右上の「next」をタップします。

エラーが表示される場合はURLを間違えていることが多いので、よく確認しましょう。

次は、「that」をタップします。

先ほどと同じ要領で検索し、「Facebook pages」を選択します。

「Create a link post」をタップします。

「Link URL」はそのままとし、「Message」に任意の文言を設定します。(Facebookページであとから編集することもできます)

右上の「next」をタップして、以下のような「New Applets」の画面が表示されたら成功です。

あとは、画面下部の「finish」をタップして、このアプレットを確定させましょう。

アプレットにより処理が実行される流れ

ブログ記事をアップすると、一定時間後にfeedが発行されます。

ブログサービスにもよりますが、わたしが利用しているはてなブログでは10分〜15分くらい。

IFTTTの「Activity」に実行したことが表示されます。

feedが発行されると、それがFacebookページに送られます。

これで、Facebookで「いいね」してくれた人のFacebookにブログ記事の更新情報が表示されます。

まとめ

手順を一つひとつ追うとちょっと長いですが、設定は最初の1回だけで、あとは通常通りブログ記事をアップするだけでFacebookページに送られます。

手動だと、ついついFacebookに投稿するのを忘れたりしますが、自動化しておけば忘れても問題ありません。

これで、ブログ更新情報をFacebookでも受け取れるとしていた、読者との約束が守れます。

Facebookページに自動的に送られた後で、投稿メッセージの文言に追加・編集すれば、機械的な印象もありません。

今回は自分でアプレットを設定する手順で紹介しましたが、アプレット自体を公開しているブログもあるので、「IFTTT アプレット ○○したら××する」のように検索してみてくださいね。