はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

HTMLタグを「単語登録」しておけば、スマホ片手にブログがさくさくと書ける[モブログ]

現在、ブログの「#毎日更新レース」というものに参加しています。

また、ひと月ほど前から、iPhone1台だけのブログ執筆環境に移行しています。

机が使えるときは外付けキーボードを接続して記事を書いていますが、毎日更新しようと思うと通勤時などのすきま時間を使って書くことになるので、iPhone片手に書くことが多くなります。

iPhone片手でストレス無く記事を書くためには、文章入力のハードルを下げれるだけ下げておくに越したことはありません。

いかに手間をかけずにさくさくと書くか。

その方法をご紹介したいと思います。

HTMLタグを「単語登録」しておけば、スマホ片手にブログがさくさくと書ける[モブログ]

文章入力の軽減策として、取っている手段は2つ。

ひとつは、「フリック入力」オンリーにすることで、タップする回数をできるだけ少なくすること。

もう一つは、HTMLタグの入力にかかる手間を少なくすることです。

使うHTMLタグを覚えておけば、英数文字に切り替えて入力することももちろん出来ますが、文字変換の切り替えは少ないに越したことはない。

そこで、あらかじめよく使うタグを「単語登録」することで、かな文字入力のままでHTMLタグを挿入できるようにしています。

iPhoneでは、設定>一般>キーボード>ユーザー辞書 で、任意の変換候補を登録しておくことができます。

例えば、わたしの場合は、上記で使っているような「関連記事」や「リスト」を表すHTMLタグを、ユーザー辞書に登録しています。

「かんれん」とかな入力すると変換候補に「関連記事」のHTMLタグが表示される寸法です。

ユーザー辞書に登録しておきさえすれば、HTMLタグも日本語文章の感覚で入力できるので、記事を書く手間がぐっと減ります。

なお、iPhoneとiPadの2台持ちをしている場合、片方でユーザー辞書に単語登録するともう1台にも自動的に反映されます。

使い分けをしていても同じ環境で記事作成をすることができます。

まとめ

ブログは「伝える」ことが目的であって、「書く」ことはそのためのプロセスでしかありません。

プロセスに手間をかけたらより伝わるのであればかまいませんが、実際には比例しないものです。

また、伝えたいことは1つや2つの記事ではなかなか伝わらないので、更新頻度を高めて表現を工夫しながら何度も伝えることが大事です。

伝える「目的」のために、プロセスはどんどん軽くしていきましょう!