はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

トラブったときに「うっひょ~、ラッキー!」と思うようになったら、あなたはもうブロガー‼︎

仕事や生活に失敗やトラブルはつきもの。

「何でああしてしまった(しなかった)んだろう」「どうしてこんなことになってしまったのか」。

ついついネガティブな思考に陥ってしまいます。

失敗やトラブルは悪いこと?

ところがブログを続けていると、失敗やトラブルに遭遇すると落ち込むより先に、「ちょっとこれ、ネタになるんじゃない?」という思考が自動的に働き始めます。

もちろん、失敗やトラブルが発覚した瞬間は頭が真っ白になったり、顔が赤くなって汗が吹き出したりします。

ですが、ネタ思考が働き始めると、ネガティブなことはどこかへ吹き飛んでしまうのです。

「ネタ」と認識できると、途端に楽しくて仕方がなくなる

ブログを継続するうえで一番難しいのは「どう書くか」ではなく「何を書くか=ネタ」なので、ネタ探しにはいつも飢えています。

ましてや、失敗やトラブルはそれが大きければ大きいほどネタとしては「おいしい」ので、「ネタになる」と気づいた瞬間にはむしろ小躍りしてしまいます。

まとめ

わたしは元々ストレス耐性が高くないのでメンタル面が弱かったのですが、ブログを続けている中で「アンラッキー=失敗・トラブル」を「ラッキー=おいしいネタ」に転換できるようになってから、落ち込むことがめっきりと減りました。

先日も会社のメンタルヘルス診断がありましたが、結果はすこぶる良好。

失敗やトラブルをネタにしてブログ記事にすることは、とてつもない癒し効果があります。

「いつもついていないなあ」と思う人にこそ、ブログを書くことをおすすめしたいと思います。

なぜなら、あなたは「ネタの宝庫」なのですから。