広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

自転車通勤再開の効果[習慣化レビュー 2017/08/02]

習慣化レビュー76日目。

習慣化レビューの背景と目的

仕事も生活も、知識や能力以上に毎日の「コンディションづくり」がものを言います。

(知識+経験)×コンディションの図式が成り立つからです。

そこで、睡眠・食事・運動など、日々の習慣化項目を日次でレビュー。

生活サイクルをPDCAで回していきます。

振り返ることが、明日の自分をデザインします。

▼習慣化レビュー開始のきっかけはこちら

自転車通勤再開の効果[習慣化レビュー 2017/08/02]

梅雨入りとタイヤのパンクをきっかけに長らくさぼっていた、片道14kmの自転車通勤。

今週月曜日からようやく再開し、早くも効果を感じ始めています。

ひとつ目は、体脂肪率の減少。体重こそ変わりませんが、体脂肪率は下がり始めています。

2つ目は、ストレス発散。朝の通勤では家庭の雑事を忘れて仕事モードのスイッチを入れて、帰りの復路では仕事モードのスイッチを切る効果を実感。

3つ目は、睡眠の質の改善。特に寝つきが良くなり、お風呂から上がると早い段階でしっかりと眠たくなるようになりました。

寝る前にだらだらとスマホSNSを見ていることもなくなりました。

まだ再開して間もないので、自転車通勤だけの効果ではないかもしれませんが、1日1回以上運動する意味は確かにあると感じています。

睡眠

就寝22時36分、起床4時50分、睡眠時間約6時間。

前日は定時で仕事を終えて帰宅し、普段よりは早い時間に息子とお風呂に入れたので眠気が早く訪れた。

結果的に、スマホ時間が短くなり就寝時間を早めることができた。

これをたまにではなく、普段から行えるようにすることを目指す。

食事(昼のお弁当づくり)

  • 雑穀米ごはんに梅干し
  • 夏野菜の南蛮漬け
  • 煮卵
  • 豚肉の生姜焼き
  • プルーンとミックスベリー

今朝は眠気優勢だったが、基本的に詰めるだけのお弁当なのでなんとかつくることができた。

ただし、つくりおきはだいたい食べ終わったので、明日明後日は朝に多少料理する必要あり。

就寝時間を早めることで、乗り切ることを目指す。

サイクリング

月曜日から自転車通勤を再開して、3日目にしてようやく往復で走ることができた。

バス通勤で居眠りする時間がなくなったわけだが、日中眠気に襲われることがないのは身体を動かすことでしっっかりと目覚めているからだろう。

  • 今日の走行距離/28km
  • 今週の走行距離/56km
  • 今週の出走日数/3日
  • 今月の走行距離/42km
  • 今月の出走日数/2日
  • 今年の走行距離/1,037km
  • 今年の出走日数/45日

体重・体脂肪率

体重微増・体脂肪率微減。

体脂肪率が下がっているので、この体重微増は問題なし。

運動で筋肉量が増えてくれば、少し遅れて自ずと体重も減ってくる。

8月の目標体重:69.1kg

2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%

習慣化項目

小さく始めて、成功体験を積み上げていく。

Good Habits
無料
(2017.04.04時点)
 App Store
posted with ポチレバ

明日への申し送り

  • スマホ時間を圧縮して、就寝時間を早めること
  • お弁当づくりのあとは、ブログを書く時間にあてること
  • 自転車通勤はスピードより安全を重視すること
  • 1時間に1回のスタンド時に、1分間目を休めること
  • まわりで夏風邪が流行り始めているので、こまめな手洗い・うがいを実施すること

▼習慣化には良い習慣を「続ける」メソッドと、悪い習慣を「やめる」メソッドがあります