広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

寝苦しい夏の夜でも冷房いらず!冷凍不要のジェルマットで頭と首すじをひんやり快適に[楽しむ生活術]

一部地域では梅雨明けしましたが、例年より高い気温の日が続き、ぐっすりと眠りたい夜も蒸し蒸しとした熱帯夜に。

寝つきも悪くなるし、夜中に目覚めてしまいます。

我慢できずにエアコンをかけたまま眠ると、今度は身体が冷えすぎて寝起きにぐったりなんてことも。

涼しく快適に寝たいが、エアコンは使いたくないという相反する悩み。

そんな時に偶然見つけたのが、「涼感ジェルマット」です。

購入した日も真夏日の暑い日だったのですが、エアコンで部屋を冷やすことなくスッと寝付くことができました。

さっそく、ご紹介しましょう。

寝苦しい夏の夜でも冷房いらず!冷凍不要のジェルマットで頭と首すじをひんやり快適に[楽しむ生活術]

大きさは、22.5cm×30cm

標準的な大きさの枕にぴったりなサイズ感です。

中身は、ハニカム構造の中にジェルが満たされています

このハニカム構造がジェルの偏りを防ぐとともに、頭を乗せた時の適度な支えにもなります。

おそらくですが、このハニカム構造がないと、ジェル部分が首などに密着しすぎてしまい、不快に感じてしまうことになると思います。

表面はポリエチレンとナイロンでできていて、さらさらと、そして冷んやりと感じられます

氷枕ほど冷却力はありませんが、それがむしろ冷え過ぎを防ぐので、小さな子供やお年寄りでも扱いやすいでしょう。

冷凍庫に入れておく必要がないので、お手入れの手間もかからないですし、いざ使おうとした時に冷凍し忘れていたなんてことを気にする必要もありません。

折りたたんで置けるので、収納する際もスペースをとりません

枕の上に敷いて使っていますが、日中は椅子に敷いておくとお尻がひんやりして気持ちいいです

まとめ

眠りに入るためには寝る前に一度体温が上がって、そこから体内深部が下がることで眠りに入りやすくなります。

ところが、熱帯夜では上がった体温がなかなか下がらないので、眠りに入ることができない。

また、逆に冷房をつけたままの場合は、通常であれば朝に向けて徐々に体温が上がらなければいけないのを妨げてしまうので、眠っているのに余計な体力をつかってしまうことになり、寝たのに疲れているということになるのだそうです。

枕に敷いたジェルマットが首すじを冷やすことで太い血管を流れる血液を冷やし、これにより全身が涼しく感じるのだと思います。

注意点としては、日の当たる場所に置いたままにしておくと、涼感が得づらくなります。

日陰で保管するか、使用する前にエアコンの効いたリビングに置いておくなどすれば、性能を存分に発揮してくれます。

梅雨明けのあと、8月いっぱいくらいまでは熱帯夜の日も多いでしょうから、一人に1枚を備えておくことをおすすめします。