広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

デュアルディスプレイからトリプルディスプレイへ[楽しむ仕事術]

これまで、ノートPCに外付けディスプレイを繋げたデュアルディスプレイ環境で仕事をしてきました。

これはこれで悪くはなかったのですが、出張を伴う仕事が減って内勤の頻度が増え、と同時にいくつものファイルを同時に開いて編集するような仕事の割合が増えました。

外付けディスプレイとして使ってきた19インチでは収まりきらないのでスクロールの手間がかかるようになり、とても効率的とは言えない状況に。

そこで、思い切って27インチのディスプレイを導入することにしました。

あらたに導入したのは、こちらのディスプレイです。

縁が狭くて画面をフルに使えるスリムベゼルであることと、開いたノートPCの上にちょうど良い位置で置けるように高さを昇降できること、3万円未満で買えることから、これを選びました。

さっそく設置してみると、ぴったり!

元々使っていた19インチはD-SUBケーブルで繋ぎ、あらたに導入した27インチはHDMIケーブルでデジタル接続することで、ノートPCから2台のディスプレイに表示させることを実現しました。

27インチを作業用のメインとし、19インチはメール・スケジュール専用に、ノートPCのディスプレイはアプリランチャー的に使っています。

狙った通り、27インチのメイン作業用ディスプレイでは2つのファイルを並べても、ほとんどスクロールさせることなく同時に編集できるようになりました。

むしろ、紙くらいの自由度(複数の書類を並べて作業)をデジタルで実現しようと思ったら、最低でも24インチ以上は必要であることを実感したくらいです。

27インチをメインディスプレイとするトリプルディスプレイ環境を、もう手放せません!