はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

仕事の疲れは休息ではなく、別の負荷をかけることで解消される[習慣化レビュー 2017/06/07]

習慣化レビュー52日目。

習慣化レビューの背景と目的

仕事も生活も、知識や能力以上に毎日の「コンディションづくり」がものを言います。

(知識+経験)×コンディションの図式が成り立つからです。

そこで、睡眠・食事・運動など、日々の習慣化項目を日次でレビュー。

生活サイクルをPDCAで回していきます。

振り返ることが、明日の自分をデザインします。

▼習慣化レビュー開始のきっかけはこち

仕事の疲れは休息ではなく、別の負荷をかけることで解消される[習慣化レビュー 2017/06/07]

片道14kmの自転車通勤を開始して、2ヶ月が経過しました。

それまではたまにランニングくらいはするものの、習慣化されていると言えるほどの運動はしていませんでした。

けれども、運動習慣がない頃に比べて、往復28kmの自転車通勤をするようになってからのほうが、翌日に疲れを残しません。

むしろ、余力があると言えます。

その原因について考えてみたのですが、自転車通勤通勤の繰り返しで筋力が強化されたのはもちろんですが、運動という仕事とは別の種類の負荷を脳にかけたことでリフレッシュされていることによるものと推測しています。

筋力は身体を休めれば回復しますが、脳は常に働いているので身体を休めてもその間休息していることにはなりません。

1日の仕事の負荷がかかっている脳に対して、運動という別の刺激を与えることで脳の中の違うところが活性化して、仕事による脳の疲れと相殺していると考えられます。

運動以外でも、趣味など夢中になれることであれば同じ効果が期待できます。

身体の休息だけが仕事の疲れを取る方法ではないと考えた話でした。

睡眠

就寝22時53分、起床5時50分、睡眠時間約7時間。

今日のお弁当の準備は前夜のうちに済ませておいたので、普段より1時間長く睡眠時間を確保できた。

しかし、就寝時間はあと30分は早くできたはず。

入眠前の行動を整えていこう。

食事(昼のお弁当づくり)

カレー風味の味付けゆで卵、チェダーチーズ、豆もやしとニラのナムル

これに、コンビニで調達したおにぎり(明太子マヨ、豚トロ)をプラス。

週に1度の「半分手づくり、半分コンビニ」で、お弁当づくりと睡眠時間のバランスを調整。

サイクリング

朝一は空気が冷えていたので、前日の反省をいかして手袋を装着。

指先の冷えを心配することなく、快適に走ることができた。

帰りは終始向かい風の中を、なんとか走破。

  • 今日の走行距離/28km
  • 今週の走行距離/56km
  • 今週の出走日数/2日
  • 今月の走行距離/56km
  • 今月の出走日数/2日
  • 今年の走行距離/768km
  • 今年の出走日数/32日

スタンド回数

コツコツと。

途切れながらも、なんとか11スタンドと2桁に乗せた。

消費カロリー

もう少し日が長くなってきたら、帰宅ルートを長くして消費カロリーを増やしていこう。

体重・体脂肪率

体重微増・体脂肪率微減。

1日で体重が70kg台に戻ってしまった。

体重が減ると一時的に体脂肪率が上がるが、運動習慣をさらに続けると体脂肪率が下がって体重も減ってくる。

このサイクルに、きっちりと乗せていくことを目指す。そのためには、運動習慣の継続あるのみ。

今月の目標体重:69.1kg

2017年4月計測スタート時:71.4kg、24.5%

半年後(2017年9月)の目標:65kg、19%

習慣化項目

2日連続でオールクリア。

Good Habits
無料
(2017.04.04時点)
 App Store
posted with ポチレバ

明日への申し送り

  • 5時のアラーム前でも一度目が覚めたら、何も考えずにガバッと起き上がること
  • 朝雨が降っていなくても、降水確率が高い場合は自転車通勤を中止する
  • その場合は、通勤のバスの中で読書をする
  • ブログ記事のストック化を進める(タイトルだけでも下書き)
  • 習慣化レビュー記事は必ず更新する

▼習慣化には良い習慣を「続ける」メソッドと、悪い習慣を「やめる」メソッドがあります