広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

クールビズにこの1枚!ガーゼハンカチのすすめ[楽しむ生活術]

わたしは汗をかきやすいので、これまでタオル地のハンカチを愛用していました。

たっぷりと吸い取ってくれるので便利に使ってきたのですが、欠点はモコモコとかさばること。

そこで、例年より早く暑くなってきたのを機に、ガーゼハンカチへと入替えました。

ガーゼハンカチのいいところをご紹介します。

赤ちゃんの肌も傷つけないほど柔らかな風合い

まだ使い始めたばかりではあるのですが、ガーゼハンカチは使えば使うほど風合いが良くなり、肌に馴染んでくるそうです。

素材として使われている綿が、繰り返し水分を含むことで繊維が膨らみ、柔らかな風合いをつくり出すとのこと。

赤ちゃんの肌着にガーゼ地のものが使われるのも納得ですね。

水分を素早く吸収して乾きも早いので、いつもさらさらの手触り

夏場は手を洗ったあとに拭くだけではなく、額にかいた汗を拭ったりとハンカチの出番が増えます。

ガーゼハンカチは見た目は薄いのですが、強い吸水力を持っています。

綿がきめ細かに織り込まれていることにより、繊維の一本一本が水分を素早く吸収するので、小さなハンカチであっても高い吸水力を実現しているのだそうです。

さらに、乾きが早いのもガーゼハンカチの特徴。

起毛しているタオル地が中に水分を溜め込むハンカチと違って、密度高く織り込まれている繊維の外気に触れる表面積が広いことで、吸い上げた水分があっという間に蒸発していきます。

一度手を拭いて次に使う時にはもう、さらさらとした手触りに戻っています。

薄くてかさばらないので、ポケットが膨らまない

コンパクトなサイズで吸水性の高さを実現しているので生地が厚くならず、ポケットに入れても膨らむことはありません。

冬場は上着を着ていることが多いのでポケットが多少膨らんでも目立ちませんが、クールビズで軽装のこの時期は、ぽっこりと目立ってしまいます。

ガーゼハンカチなら、表地は綿100%のガーゼ、裏地はパイルなので非常に薄く出来ています。

まとめ

「柔らかな風合い」「素早く水分を吸収」「いつもさらさらの手触り」「かさばらない」といいことづくめのガーゼハンカチ。

さらに、手ぬぐい模様のものを選ぶと、見た目にも夏場の涼をイメージさせてくれます。

一度使うと手放せなくなるガーゼハンカチをおすすめします。

▼ビジネス的なデザインのものもあります

広告を非表示にする