広汎性発達障害の女が毒を吐くブログ

はたらく・暮らす・整える

手帳術と仕事術、習慣のアップデートと、あれやこれやのレビューとか。

木曜日は追い上げ。ただし、何のために追い上げるのかを間違うと徒労に終わります[楽しむ仕事術]

木曜日の使い方は、基本的には火曜日の使い方と一緒です。

タスクリストに基づいて、淡々と処理していきます。

ただ、火曜日と大きく異なるのは、火曜日が「質より量」だったのに対して、木曜日は「量より質」という位置付けになることです。

木曜日は「量より質」で追い上げ

週単位で仕事スケジュールを組む場合、翌日金曜日が締め切りということになります。

ですので、木曜日は締め切りに向けた追い込みの日となります。

締め切りということは、金曜日の段階で求められたレベルまで仕上げるということで、要求レベルまで達していると承認されるためには、要求レベルがどの辺なのか最終確認する必要があります。

具体的なアクションとしては、木曜日の午前中のうちに承認者(例えば上司)に対して仮提出します。

午前中のうちに承認者に最終着地点を確認する

もし、自分が思っていたレベルより高いレベルが承認者のイメージで合った場合。

例えば企画書であれば、具体的にどのようなことについて、どのような表現で記載されている必要があるのか、あるいはどこを削る必要がありそれがどのような理由によるものなのか、きっちり詰める作業を行います。

ここを怠ると、金曜日の夜に無駄な残業を強いられたり、土日に休日出勤をしたりする羽目になります。

逆に言うと、木曜日の午前中にゴールイメージがしっかりできていれば、木曜日・金曜日は勝ったも同然です。

さらさらと流していくくらいの気持ちのゆとりをもって、過ごすことが出来ます。

さらにもう一歩

私はこれをもう少し推し進めて、木曜日のうちに実質的に仕事を終わらせるようにしています。

そうすると、金曜日をゆとりをもって過ごせるだけでなく、また違った1日の使い方ができるようになります。(この辺りについては、明日、まとめてみたいと思います)

木曜日は、午前中ダッシュ→午後流すのイメージで進めていきましょう。

広告を非表示にする